Rakuten infoseek

辞書

和同開珎【わどうかいちん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

和同開珎
わどうかいちん
日本古代の貨幣で,富本銭に続いて製作されたもの。平城京造営を開始した和銅1(708)年の 5月に銀銭,同 8月に銅銭の鋳造を開始した(『続日本紀』同年 5月11日,8月10日条)。「和同」は年号か吉祥語かの論争があったが,年号を意識して発音が通じる吉祥語(和同)が選ばれた可能性が高い。「開珎」の読みは「かいちん」か「かいほう」かの論争もあったが,これは「珎」を「」の略字とみるか「寶(宝)」の字とみるかの違いである。いずれも「珍宝」の一字であり,意味に大差はない。奈良時代の文字の用法の研究が進んだ結果,「かいちん」が有力となっている。なお銀は和2(709)年8月に廃止された。日本の古代銭貨鋳銭司という役所が担当したが,このような仕組みは,和同開珎の鋳造開始とともに整えられたものである。鋳銭司が最初に置かれた場所は河内(大阪府)であり,近江国播磨国大宰府など鋳銅技術をもつ地方の官司も鋳銭に協力した可能性が高い。また鋳銭を監督,督促する機関として催鋳銭司が置かれた。その後,鋳銭司の規模や場所は変化し,長門,周防ほかの鋳銭司が知られている。遺跡としては,山口県山口市鋳銭司・陶(すえ)で周防鋳銭司遺跡が,京都府加茂町で加茂銭司遺跡が発掘調査された。和同開珎の鋳造開始時に,このような国家的な仕組みが整えられただけでなく,その流通を盛んとするため,労役の支払いに使用したり,蓄銭叙位令を定めたりするなど,多くの政策が実施された。また和同開珎は,発掘例が多いことが一つの特色である。それらは宗教的な使用も少なくないが,流通貨幣としても評価されるものであり,日本の古代貨幣史において大きな役割を果たしたと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わどう‐かいちん【和同開×珎】
《「珎」は「珍」の異体字》日本で鋳造された銭貨の一。皇朝十二銭のうちで最も古い。和銅元年(708)に発行。銀銭と銅銭があり、銀銭は翌年廃止。全国数か所で鋳造され、主に畿内およびその周辺で流通した。→富本銭
[補説]奈良文化財研究所の調査では、平城京で和同開珎の元になる種銭を作成し、それを銅の産出地に送って大量生産した可能性があるとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わどう‐かいほう【和同開×珎】
和同開珎(わどうかいちん)」の「珎」を「寳(=宝)」の略字と解して読んだもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

和同開珎
 奈良時代に作られた銅銭[どうせん]で、708年から半世紀くらいの、作られました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わどうかいちん【和同開珎】
日本古代の銭貨。皇朝十二銭のはじめ。銀銭と銅銭がある。708年(和銅1)正月,武蔵国秩父郡から和銅が献上され,元号を和銅と改めたのをうけて,同年2月に鋳銭事業の督促を職務としたらしい〈催鋳銭司〉が置かれ,5月に初めて銀銭を行い,8月に初めて銅銭を行ったと《続日本紀》に見えるのが,その発行を示す史料である。銭文〈和同〉の意味については,年号,吉祥句の両説があるが,両方の意味を含めたと見るべきであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わどうかいちん【和同開珎】
日本最初の銭で、皇朝十二銭の第一。「珎」を珍ちんの異体文字とする説と、「寳(寶の俗字)」の略体文字として「ほう」と読む説とがある。708年(和銅1)武蔵国から和銅を献上したので政府は年号を和銅と改め、5月に銀銭、8月に銅銭を鋳造した。銀銭は翌年廃止。銅銭は畿内で流通し、京都・山口などに鋳造銭司遺跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

和同開珎
わどうかいちん
日本古代の銭貨。銀銅両種があり、銅銭は皇朝十二銭の第一番目とされてきた。708年(和銅1)正月、武蔵(むさし)国秩父(ちちぶ)郡(埼玉県秩父市)から和銅が献上されて「和銅」と改元されたのを受けて、5月に銀銭、8月に銅銭が初めて発行されたが、律令(りつりょう)国家の銭貨政策の中心に置かれたのは銅銭であった。「わどうかいほう」とよばれることもあるが、銭文「和同」は年号と吉祥句の両意を含み、「珎」は当時の原史料からみて「珍」の異体で「チン」と訓(よ)むべきであろう。
 その出土地は畿内(きない)とその周辺(とくに大和(やまと)、山背(やましろ)、近江(おうみ)南部)に多く、この地域では交易手段や律令国家の支払い手段として機能した。これに対して辺境の古墳から出土する例(岩手県花巻(はなまき)市湯口熊堂(ゆぐちくまんどう)古墳群、山口県萩(はぎ)市見島(みしま)ジーコンボ古墳群その他)などは、富、権力を象徴する宝物として扱われたことを示している。[栄原永遠男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わどう‐かいちん【和同開珎】
〘名〙 (「珎」は「珍」の異体字) 皇朝十二銭の初めとされる銭貨。銀銭と銅銭とがある。元明朝、和銅元年(七〇八)はじめて鋳造されたものとする説と天武朝一二年(六八三)すでに流通していたとする説とがある。また「和同」の「同」は「銅」の略、「開珎」の「珎」は「寳」の略字と解し、「和同」は年号「和銅」に結びつけ、「開珎」を「かいほう」と読む説もある。銅銭の方は孝謙帝の天平宝字(七五七‐七六五)ころまでの長期間鋳造され、文字に微細な変化が多い。鋳造地は近江・山城・長門・播磨などで遺跡から鋳型やるつぼなどが発見されている。わどうかいほう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

和同開珎
わどうかいちん
奈良時代の銭貨で,皇朝十二銭の最初
「わどうかいほう」とも読む。708(和銅元)年5月銀銭,8月に銅銭鋳造。銀銭は翌年鋳造中止となった。銅銭の直径2.4㎝ ,重さ3.75g ,円形方孔。季禄や賃銀として支払われ,租税として回収された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和同開珎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

和同開珎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.