Rakuten infoseek

辞書

咄∥噺∥話【はなし】

世界大百科事典 第2版

はなし【咄∥噺∥話】
落語に関してさまざまなレベルで言及する場合の用語・用字。必ずしも厳密な区別がなされているわけではないが,・噺・話のそれぞれの字の成立事情,歴史的慣用等の違いによって,しばしばこれらの字が以下のように使い分けられる。 〈咄〉という漢字に,本来〈はなし〉の意味はなく,〈アア〉というような叱る声,舌打ちする音などの擬声語であったが,室町時代ごろから〈ハナシ〉という(よみ)が付けられたらしく,16世紀初頭成立の《文明本節用集》にその例を見る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

咄∥噺∥話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

咄∥噺∥話の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.