Rakuten infoseek

辞書

命令形【メイレイケイ】

デジタル大辞泉

めいれい‐けい【命令形】
国文法で活用形の一。活用する語の語形変化のうち、命令の意を表て言いきる形。六活用形の第六におかる。動詞では、「書け」「見ろ」「起きよ」「(こ)い」などの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

めいれいけい【命令形】
用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち、第六番目に置かれる。他に命令することを表す形。形容詞・形容動詞の命令形は文語だけにあり、可能動詞と一部の助動詞には命令形がない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいれい‐けい【命令形】
〘名〙 用言の活用形の一つ。六活用形のうち通常第六番目におかれる。その動作の実行、状態の実現を相手に求めるときの語形。また、時に、「魚の身のあつい所は薄う見へい、うすい所は厚う見へいと作るが、庖丁人の腕でおりるげな」〔虎寛本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)〕、「今は西海の浪の底にしづまば沈め、山野にかばをさらさばさらせ」〔平家(13C前)七〕のように、願望・放任の意を表わすこともある。四段活用(五段活用)以外の動詞の命令形に「よ」「ろ」「い」を付けるのが普通であるが、学説により「よ」などの付いた形を命令形と呼び、また「よ」などを助詞とする。形容詞形容動詞では「あり」「なり」「たり」を用いた補助活用の命令形があるが、口語では普通には用いない。命令法。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第六活用形の『死ね』は命令をいふときに用ゐる形なれば命令形といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

命令形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

命令形の関連情報

他サービスで検索

「命令形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.