Rakuten infoseek

辞書

【コ】

デジタル大辞泉

こ【呼】
call》電話網などの通信回線における接続のこと。主に音声通信にかかわるものを指す。→呼制御

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【呼】[漢字項目]
[音](漢) [訓]よぶ
学習漢字]6年
声をかける。よぶ。「呼応指呼疾呼大呼点呼連呼
大声を出す。さけぶ。「呼号歓呼
名づける。「呼称称呼
息を吐く。「呼気呼吸
[名のり]おと・こえ
[難読]嗚呼(ああ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こ【呼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

よび【呼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こ【呼】
通信網を流れるひとまとまりの情報。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おたは・ふ【呼】
〘自ハ四〙 語義未詳。上代東国方言。
万葉(8C後)一四・三四〇九「伊香保ろにあま雲い継ぎかぬまづく人と於多波布(オタハフ)いざ寝しめとら」
[補注]語義に諸説ある。(1)「おだひ(穏やかの)」と同根で、穏やかの意とする説。(2)「おらぶ(大声で泣きさけぶの意)」の変化した語で、言い騒ぐの意とする説など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よば‐れ【呼】
〘名〙 (動詞「よばれる(呼━)」の連用形の名詞化) 呼ばれること。馳走されること。およばれ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よばわり よばはり【呼】
〘名〙 (動詞「よばわる(呼)」の連用形の名詞化)
① 大声でよぶこと。よばわること。よばり。
② 人を表わす語に付けて用い、その名で、または、そう決めつけて呼ぶことを表わす。よばり。
歌舞伎男伊達初買曾我(1753)五「俺を泥棒呼ばはりをひろぐか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よび【呼】
〘名〙 (動詞「よぶ(呼)」の連用形の名詞化)
① 呼ぶこと。迎えること。招待すること。
土左(935頃)承平四年一二月二五日「かみのたちより、よびにふみもてきたなり」
② 歌舞伎で、俳優が姿を見せず、声だけ出すこと。幕切れごとに次の幕の主な出演者の名を告げる場合や、揚幕の内から、使者・殿様などの出を大声で呼び立てる場合などがある。
※歌舞伎・毛抜(1742)「呼び『勅使』トはしがかりにていふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呼の関連情報

関連キーワード

コール(金融用語)コールレートstation callコールサインティム パワーズCRMコール市場公定歩合nurse callハッピーコール

他サービスで検索

「呼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.