Rakuten infoseek

辞書

呼吸器【こきゅうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

呼吸器
こきゅうき
respiratory organ
外呼吸のために特に分化した器官をいい,咽頭喉頭気管気管支などが呼吸器系を構成する。このうち,血液との間で実際にガス交換を行うのは肺胞であり,鼻から肺胞にいたるまでの諸器官は空気の導入路または排出路となるので,一括して気道と呼ばれる。気道は一般に異物侵入防ぎ,空気に適当な湿度温度を与える働きをするが,そのうち特に鼻は嗅神経が分布しているので嗅覚器官として,また喉頭は声帯があるので発声器官としての役割も果している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こきゅう‐き〔コキフ‐〕【呼吸器】
動物が外呼吸を営むための器官。高等脊椎動物魚類えら昆虫気管など。呼吸器官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こきゅうき【呼吸器】
外呼吸を行うために分化した器官。高等脊椎動物の肺、魚類の鰓えら、クモ類の書肺、昆虫類の気管など。呼吸器官。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こきゅう‐き コキフ‥【呼吸器】
〘名〙 動物の呼吸(外呼吸)にたずさわる器官。高等脊椎動物の肺、魚類の鰓(えら)、昆虫類の気管、クモ類の書肺のほか、ナマコの呼吸樹などがある。一般に下等動物は体表から酸素を吸収するので特別な呼吸器はみられない。呼吸器官。
※七新薬(1862)一「眼・鼻及び呼吸器を刺戟し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呼吸器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呼吸器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.