Rakuten infoseek

辞書

味方【あじかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

味方
あじかた
新潟県中部,新潟市部の旧村域。新潟平野西部にある。 1889年村制施行。 1901年白根村,七穂村と合体。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分は南区の一部となった。中心集落の味方は中ノ口川左岸の自然堤防上にある。ネギ枝豆などの野菜栽培が行なわれる。庄屋だった旧笹川家住宅は国の重要文化財。中ノ口川沿岸は水溶性天然ガス乱掘による地盤沈下が著しく,堤防のかさ上げが行なわれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

み‐かた【味方/御方/身方】
[名](スル)《「かた」の敬称「御方」の意。「味方」「身方」は当て字
対立するものの中で、自分が属しているほう。また、自分を支持・応援してくれる人。「心強い味方」⇔
対立するものの一方を支持したり、応援したりすること。「いつも女性に味方する」
天皇の軍勢。官軍。
「―の軍おぢおそれ三たび退き返る」〈今昔・一一・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

味方
あじかた
新潟県中部、西蒲原郡(にしかんばらぐん)にあった旧村名(味方村(むら))。現在は、新潟市の南部(南(みなみ)区の一部)にあたる。2005年(平成17)味方村は新津(にいつ)市、白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。旧村域は中ノ口川左岸に位置し、国道460号が通じる。新潟交通のバスの便がある。古くから山王(さんのう)ショウガや、促成野菜の産地として新潟朝市(あさいち)をにぎわしてきた園芸農村である。6月に行われる白根地区との大凧合戦(おおたこがっせん)が名物。味方にある旧笹川家住宅(きゅうささがわけじゅうたく)は、蒲原大地主の庄屋(しょうや)役宅として国の重要文化財に指定されている。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

味方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

味方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.