Rakuten infoseek

辞書

味の素【あじのもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

味の素
あじのもと
Ajinomoto Co., Inc.
化学調味料大手の食品メーカー。1907年鈴木三郎助により設立された鈴木製薬所が前身。1908年,化学者池田菊苗グルタミン酸を原料としたうま味調味料の製造方法を発明し,その商品化を引き受けた鈴木三郎助が 1909年「味の素」として一般発売を開始した。1912年鈴木三郎助の個人事業だった「味の素」を鈴木製薬所が継承し鈴木商店に改称,1917年の創立を経て,1925年鈴木商店として新たに設立。1932年味の素本舗鈴木商店,1940年鈴木食料工業,1943年大日本化学工業と改称,1946年現社名に変更。1962年複合調味料「ハイ・ミー」発売。油脂事業や冷凍食品事業へも進出し,1990年にはカルピス食品工業(→カルピス)に資本参加,同社の総販売元となるなど飲料水部門も強化,拡充。また,アスパルテームを主とする人工甘味料事業やアミノ酸関連事業も拡大した。アメリカ合衆国やヨーロッパをはじめとする大手食品会社と提携し,食品総合メーカーとして事業を展開している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あじ‐の‐もと〔あぢ‐〕【味の素】
グルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料。明治41年(1908)、池田菊苗(いけだきくなえ)が昆布のうまみ成分として抽出し、商品化した。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

味の素
正式社名「味の素株式会社」。英文社名「AJINOMOTO CO., INC.」。食料品製造業。大正14年(1925)「株式会社鈴木商店」設立。昭和21年(1946)現在の社名に変更。本社は東京都中央区京橋。化学調味料「味の素」の商品化に成功した「合資会社鈴木製薬所」の後身。調味料の国内最大手。高いアミノ酸技術で医薬・スポーツ・美容分野などに多角展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード2802。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あじのもと【味の素】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あじのもと【味の素】
化学調味料の商標名。主成分はグルタミン酸ナトリウム。池田菊苗が商品化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あじ‐の‐もと あぢ‥【味の素】
グルタミン酸ナトリウムを主成分とする化学調味料の商標名。明治四一年(一九〇八)池田菊苗(いけだきくなえ)が昆布だし汁のうまみ成分の研究から発見、創製した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

味の素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

味の素の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門李完用複成片麻岩内褶曲青木繁カラジアーレ久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.