Rakuten infoseek

辞書

味の素【あじのもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

味の素
あじのもと
化学調味料の最大手。 1907年設立の鈴木製薬所が前身。 25年鈴木三郎助により鈴木商店として設立され,味の素を製造販売。 32年味の素本舗鈴木商店,40年鈴木食品工業,43年大日本化学工業と改称,46年現社名に変更。 62年複合調味料「ハイ・ミー」新発売。その後マーガリン,冷凍食品へも進出し,90年にはカルピス食品工業 (現カルピス ) に資本参加,同社の総販売元となるなど飲料水部門も強化,拡充。 2000年にはアメリカの総合化学会社モンサント社の低カロリー甘味料「アスパルテーム」のヨーロッパ事業部門を買収するとともに,アミノ酸関連事業の拡大をはかることになった。食品総合メーカーから医薬分野にまで展開する。売上構成比は,食品 72%,ファイン 16%,その他 12%。年間売上高 8294億 2200万円 (連結。うち海外 18%) ,資本金 798億 3600万円,従業員数 4421名 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あじ‐の‐もと〔あぢ‐〕【味の素】
グルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料。明治41年(1908)、池田菊苗(いけだきくなえ)が昆布のうまみ成分として抽出し、商品化した。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

味の素
正式社名「味の素株式会社」。英文社名「AJINOMOTO CO., INC.」。食料品製造業。大正14年(1925)「株式会社鈴木商店」設立。昭和21年(1946)現在の社名に変更。本社は東京都中央区京橋。化学調味料「味の素」の商品化に成功した「合資会社鈴木製薬所」の後身。調味料の国内最大手。高いアミノ酸技術で医薬・スポーツ・美容分野などに多角展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード2802。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あじのもと【味の素】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あじのもと【味の素】
化学調味料の商標名。主成分はグルタミン酸ナトリウム。池田菊苗が商品化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あじ‐の‐もと あぢ‥【味の素】
グルタミン酸ナトリウムを主成分とする化学調味料の商標名。明治四一年(一九〇八)池田菊苗(いけだきくなえ)が昆布だし汁のうまみ成分の研究から発見、創製した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

味の素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

味の素の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門李完用複成片麻岩内褶曲青木繁カラジアーレ久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇

他サービスで検索

「味の素」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.