Rakuten infoseek

辞書

告解の秘蹟【こっかいのひせき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

告解の秘蹟
こっかいのひせき
Sacramentum Poenitentiaeラテン語
カトリック教会の七つの秘蹟サクラメント)の一つ。現在は「許しの秘蹟」とよぶ。洗礼を受ける前の罪は受洗によって許されるが、洗礼後に犯した重大な罪はこの秘蹟によって許される。この秘蹟を受けるためには、自分の罪を究明し、悔悛(かいしゅん)して、司祭にその罪を秘密裏に告白する。司祭は自分が聞いた告解の秘密を厳重に守る義務を負う。罪が許されるのは、キリストの救済のわざによる。[門脇佳吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

告解の秘蹟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

告解の秘蹟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.