Rakuten infoseek

辞書

告知義務【こくちぎむ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

告知義務
こくちぎむ
obligation to disclosure
保険契約締結に際し,保険契約者被保険者保険者に対し,危険測定上重要な事実を告げ,また重要な事実について不実のことを告げない義務 (商法 644,678) 。重要事実とは保険者が保険を引受けるかどうか,引受けるとして保険料をいくらにするかを決定するにあたって影響を及ぼす事実である。しかし何が重要事実であるかについて告知義務者にわからないことが多いので,質問表を使用することが多い。この義務違反があると保険者は将来に向って契約を解除することができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくち‐ぎむ【告知義務】
保険契約者または被保険者が保険契約の締結の際、保険者に重要な事実を告げなければならない義務。また、不実の事を告げてはいけない義務。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

告知義務
保険を契約する際に、保険会社に対して重要な事実を申し出る義務、および重要な事項について真実を偽って申し出てはならないという義務をいいます。

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

保険基礎用語集

告知義務
保険契約にあたって、被保険者は保険会社に対して保険会社がこれを引き受けるかどうかや保険料の決定の判断材料となる重要な事実(健康状態、既往症、職業など)を告げる義務を負います。被保険者が故意または重大な過失により事実を告げなかったり、偽りの告知をした場合、責任開始期から2年以内であれば保険会社は契約を解除することができます。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくちぎむ【告知義務】
保険契約締結の際,保険契約者(生命保険は被保険者も含む。損害保険でも自動車保険や傷害保険などは保険約款で被保険者を含めている)が保険会社に対し,契約上の事故発生率の測定に必要な〈重要な事項〉について真実を告げる義務(商法644条1項,678条1項)。保険制度は事故発生の統計的確率に基づいて収入保険料と支払保険金との均衡のうえに運営されるもので,保険会社は個々の申込みの事故発生の蓋然性を測定し通常の条件で引き受けるか,あるいは保険料を高くするなど特別の条件をつけて受諾するか,または拒絶するかを決定するが,その判断に必要な事柄が〈重要な事項〉である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくちぎむ【告知義務】
生命保険・火災保険などにおいて、保険契約者または被保険者が、保険契約締結に際し、重要な事実を告げなければならない、または重要な事実について偽りを告げてはならない義務。開示義務の一種。契約解除の原因となりうる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

告知義務
こくちぎむ
保険契約の締結にあたって、保険契約者または被保険者が、保険者に対し、重要な事実を、また重要な事項について真実を告げなければならない義務(保険法4条・37条・66条)をいう。保険契約者または被保険者に告知義務が課されている趣旨は、保険の引受けをしようとしている保険者に、事故発生率に影響を及ぼす資料を提供するということにある。告知義務は権利に対立する義務ではなく、単にこの義務に違反した場合には、保険者は一定の要件のもとに保険契約を解除することができ、それによって被保険者は保険給付(保険金)を取得することができないという不利益を被るにすぎない。したがって、それは法律的にみて真正の義務ではなく、いわゆる間接義務ないし自己義務に属するものとされている。なお、告知義務は古くは開陳責任または開陳義務といわれた。保険契約法上広く告知義務という場合には、契約締結後における危険の増加・変更などの通知義務や損害発生の通知義務をも含ませることもあるが、狭義において告知義務というときは、契約締結時におけるそれのみをさすのが通例の用法である。法律が告知義務の制度を設けたのは、保険制度の技術的構造の特殊性に基づいたもので、とくに法が認めた独自の制度であるとされている。もともと、保険契約者または被保険者は告知事項を積極的に告知すべきである。しかし保険契約者または被保険者が一般大衆である場合には、保険についての知識に乏しいため何が告知事項であるかを判断することは困難である。そこで保険法においては、保険契約者または被保険者は保険者からの質問に答えることになっている。[金子卓治・坂口光男]
『中西正明著『保険契約の告知義務』(2003・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

告知義務」の用語解説はコトバンクが提供しています。

告知義務の関連情報

関連キーワード

十市皇女ドヌス火薬告知義務違反告知事項告知義務ウマルウマル[1世]ウマルウマル1世

他サービスで検索

「告知義務」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.