Rakuten infoseek

辞書

呉音【ごおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

呉音
ごおん
日本の漢字音の一種。漢音以前に日本に伝えられた字音で,中国語の揚子江下流方面の南方方言からであろうと推定されている。仏教経典の読み方に多く用いられた。おもな特徴は,(1) 子音の清濁を区別している (刀=タウ,陶=ダウ,漢音ではともにタウ) ,(2) 鼻音/m/,/n/をそれぞれマ行,ナ行で取入れている (馬=マ,男=ナン,漢音ではバ,ダン) ことなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐おん【呉音】
古く日本に入った漢字音の一。もと、和音とよばれていたが、平安中期以後、呉音ともよばれるようになった。北方系の漢音に対して南方系であるといわれる。仏教関係の語などに多く用いられる。→漢音唐音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごおん【呉音】
日本における漢字音の一種。六朝時代の中国の呉の地方と交通のあった百済人が日本に伝えたもので,隋・唐代の北方音を伝えた漢音よりも中国語音の古形を反映するというのが通説。仏教関係の用語にもちいられることが多い。対馬(つしま)音は呉音の別称である。字音【三根谷 徹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごおん【呉音】
日本における漢字音の一。漢音の渡来以前に朝鮮半島経由で伝来した、中国南方系の字音に基づくといわれる音。「男女」を「なんにょ」と読む類。漢音を正音と呼ぶのに対して、なまった「南の音」の意で平安中期以後呼ばれるようになったもので、仏教関係や官職名などに広く用いられた。 → 漢音唐音宋音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

呉音
ごおん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐おん【呉音】
〘名〙
① 中国の華南の呉、越(えつ)地方に行なわれた読書音。
※悉曇蔵(880)五「承和之末、正法師来〈略〉元慶之初、聰法師来〈略〉此両法師共説呉音・漢音、且如摩字・那字・泥字・若字・玄字・廻字等類、呉似和音、漢如正音、漢士不呉、呉士不漢」 〔法華経釈文〕
② 古代日本へ朝鮮から渡来した漢字音。平安中期までは和音と呼ばれていたが、平安中期以後、呉音とも呼ばれるようになった。漢音・宋音・唐音などに対していう。
※北山抄(1012‐21頃)三「結申之詞頗与史異。史者、越前備後等之類也。大臣不然。只用呉音
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「家(か)は漢音だ。呉音では家(け)とよむてな。〈略〉国学は呉音でよむが、又仏氏(ぼうず)の方なども呉音でよむ」
[語誌](1)古代日本に伝わった漢字音を呉音と呼ぶ確証は、平安中期の藤原公任(②の「北山抄」の例)以後である。それ以前には和音と呼んだ(①の「悉曇蔵」の例)。
(2)中国で隋唐代以後漢音を正しい音とするのに対し、南方音を、「古くてなまった音」という気持から「呉音」といったのにまねて、日本でも平安中期から、漢音を正音と呼ぶのに対し、和音を呉音というようになったらしい。それが呉という名前に引かれて、呉音は南方中国から渡来したという説が発生した。この説が江戸時代の漢学者、国学者に引きつがれて、現代でも行なわれているが、呉音の源流を朝鮮半島からさらにさかのぼって漢魏時代の古音に求める説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呉音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.