Rakuten infoseek

辞書

呉三桂【ごさんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

呉三桂
ごさんけい
Wu San-gui; Wu San-kui
[生]万暦40(1612).遼東?
[没]康煕17(1678).8. 衡州
中国,明末清初の武将。字は月所,長白。明朝の錦州総兵官呉襄の子で,崇禎時代に遼東総兵となり,清朝の南下阻止の任にあった。李自成の軍が北京に迫ると,明は呉襄を提督京営に任じ三桂を平西伯に封じ,山海関に駐留させて北京防衛にあたらせた。李自成軍が北京を陥れると,三桂は敵であった清軍のドルゴン (多爾袞)にくだり,清軍の先導となって北京から李自成を追討した。清朝の中国本土出は三桂の力によるところが大きいという。投降以後,順治2 (1655) 年には平西王に封じられ,錦州,漢中に軍を駐留して陝西,四川孫可望李定国らの討伐に従い,同 14年には平西大将軍に任じられて雲南平定を行い,同 16年に雲南に駐留し,桂王をビルマに追討するなど中国全土の平定に活躍した。康煕1 (62) 年には平西親王に封じられるなど清朝に優遇されたが,雲南,貴州でその勢力は強大な軍事力を背景に,軍事民政のすべてが三桂の手に帰し,平西藩,呉藩と称される独立王国的存在となった。同様の存在であった広東の平南王尚可喜,福建の靖南王耿継茂とともに「三藩」と称された。三藩の強大な勢力は清朝の脅威となり,同 12年の尚可喜の引退を機会に三桂をも雲南から引退させようとした。清の意図を知った三桂は反を起し,三藩の乱が始った。三桂は天下都招討兵馬大元帥周王を称し,雲南,貴州,四川,広西を支配下に入れたが,やがて清軍の反撃にあい,同 17年に衡帝位につき,昭武と建元したものの病死した。三桂の跡は孫の呉世ぱんが襲ったが,同 20年に清軍によって滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐さんけい【呉三桂】
[1612~1678]中国、末・初の武将。遼東(りょうとう)(遼寧省)の人。字(あざな)は長白。明末に遼東総兵として山海関を守ったが、李自成(りじせい)が北京を陥れると清に降り、清の中国統一を助け、平西王に封ぜられて雲南に鎮守駐屯した。1673年、清に背いて三藩の乱を起こし、周王と称した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごさんけい【呉三桂 Wú Sān guì】
1612‐78
中国,明末・清初の武将。父は遼西の錦州総兵呉襄。明末武官となり,寧遠(遼寧省興城県)にって清軍を防いでいたが,1644年(崇禎17),李自成の反乱軍が北京を攻略すると,清に降って援助を求め,清軍を導いて山海関を入り,北京を回復した。清が中国の王朝となるのに果たしたその役割は大きく,直ちに平西王に封ぜられた。48年(順治5)陝西省漢中に移鎮し,明の残存勢力の平定に当たり,ビルマ(現ミャンマー)に逃げた明の桂王朱由榔を追撃して62年(康熙1)これを捕らえ,雲南を平定し,この年親王に進封された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごさんけい【呉三桂】
1612~1678 中国、明末・清初の武将。初め清軍に対立。明が滅ぶと清に降り、清軍を北京に導き平西王に封ぜられ、清の中国統一に功をたてた。のち雲南に駐し、三藩さんぱんの乱を起こして帝位に就いたが、病死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

呉三桂
ごさんけい
(1612―1678)
中国、明(みん)末清(しん)初の武将。江蘇(こうそ)省高郵(こうゆう)の人。字(あざな)は長白、月所。父の呉襄(ごじょう)を継いで遼東(りょうとう)総兵となり、入関前の清と戦った。1644年李自成(りじせい)が北京(ペキン)に迫ると、明朝は呉三桂を平西伯に封じて首都防衛を命じたが、呉三桂は帰途北京陥落を聞くと山海関(さんかいかん)に引き返して清に降(くだ)り、清軍を入関させ李自成を滅ぼした。以後約30年間、呉三桂は平西王として陝西(せんせい)、四川(しせん)の張献忠(ちょうけんちゅう)の残党を鎮圧し、南明(なんみん)王朝を追撃して永暦帝(えいれきてい)(桂王)をビルマ(現ミャンマー)で殺すなど清の全国統一に貢献したが、他方その強大な軍事力、独立財政、雲南・貴州両省を中心とした人材掌握、鉱山・塩井(えんせい)の開発により勢力を伸ばし、清朝の警戒を招いた。
 1673年康煕帝(こうきてい)が撤藩令を出すと呉三桂は雲南に挙兵して周(1673~81)を建て、これに耿精忠(こうせいちゅう)(靖南王)、尚之信(しょうししん)(可喜の子、平南王)が呼応して「三藩(さんぱん)の乱」を起こした。揚子江(ようすこう)南岸に進出した軍勢は初め優位にたったが、清軍は77年から反撃に転じ、呉三桂の部将を招撫(しょうぶ)する一方、湖南と広西の両面から進攻した。78年呉三桂は衡州(こうしゅう)(湖南省衡陽)で帝位につき、昭武と改元したが同年秋病死した。後を継いで洪化と改元した孫の呉世(ごせいはん)も81年末、昆明の陥落とともに自殺した。呉三桂の反乱失敗は農民軍や明の遺王を討った前歴が反清運動との連携を妨げたこと、戦乱に疲弊した農民が秩序回復を望んだことがその原因とされる。[岡本さえ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐さんけい【呉三桂】
中国、明末清初の武将。字(あざな)は長白。明末、清軍に降り、北京の李自成を破って、平西王に封ぜられる。のち三藩(さんぱん)の乱を起こして、周帝と称した。乱は彼の死後平定された。(一六一二‐七八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉三桂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呉三桂の関連情報

関連キーワード

パシオパシオ勧修寺光豊プッサンルドルフ[2世]ザゴースキン佐々木小次郎ルドルフ2世ルドルフ2世前田慶次

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.