Rakuten infoseek

辞書

呂宋壺【るそんのつぼ】

世界大百科事典 第2版

るそんのつぼ【呂宋壺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

呂宋壺
るそんつぼ
正式には呂宋葉茶(はちゃ)壺のこと。抹茶は挽(ひ)いて粉末にするまで葉茶を陶製の壺に入れておくが、この茶壺としてとくに南中国製の黒褐釉(ゆう)陶が好まれ珍重された。中国から呂宋(現フィリピン、ルソン島)に輸出されてあったものを日本の商船がこぞって輸入したため、この名が残ったと考えられる。製品の窯址(ようし)の一つは広東(カントン)省仏山市近郊の石湾(せきわん)に発見され、「蓮華(れんげ)王」印の呂宋壺のほか、政和(1111~18)年号銘の破片が出土し、12世紀にはすでに焼造されていたことが判明している。日本では室町中期の東山時代には「松島」「三日月」などの銘をもつ呂宋壺が名物として不動の価値をもって重宝とされ、その後桃山時代にかけて大流行した。作風から、真壺(まつぼ)、底上げ、清香(せいこう)などに分類された。[矢部良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ルソン‐つぼ【呂宋壺】
〘名〙 南北朝時代から安土桃山時代にかけて南方諸島から渡来した陶製の茶壺。当時の貿易船はルソン経由で日本を訪れたため、ルソン製の壺だと考えられていたが、中国南部の安南(ベトナム)付近の産と推定される。文祿三年(一五九四)堺の呂宋助左衛門がルソン島から持ち帰って以来、有名になったもの。真壺。蓮華王。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呂宋壺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

呂宋壺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.