Rakuten infoseek

辞書

吾輩は猫である【わがはいはねこである】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吾輩は猫である
わがはいはねこである
夏目漱石長編小説。 1905~06年発表。高浜虚子にすすめられて『ホトトギス』に連載,作者の英文学者から小説家への転機をもたらした作品。作者の分身である頑固な中学教師を中心に,高等遊民をきめこむ多彩な知識人生態を,飼い猫の目を借りて戯画化しながら,そこに反俗の正義感と透徹した文明批評を盛込んでいる。洒脱でシニカルな文章のなかに英文学の教養と江戸趣味とが混然と調和し,当時の沈滞した文壇に新鮮な魅力で迎えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わがはいはねこである【吾輩は猫である】
夏目漱石の小説。明治38~39年(1905~1906)発表。中学教師苦沙弥(くしゃみ)先生の飼い猫の目を通して、近代文明の中の人間を批判・風刺した作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

吾輩は猫である
1975年公開の日本映画。監督:市川崑、原作:夏目漱石、脚本:八住利雄、撮影:岡崎宏三。出演:仲代達矢、波野久里子、伊丹十三、岡本信人、島田陽子岡田茉莉子、篠ヒロコほか。第30回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾輩は猫である
1936年公開の日本映画。監督:山本嘉次郎、原作:夏目漱石、脚色:小林勝、撮影:唐沢弘光。出演:徳川夢声丸山定夫藤原釜足、宇留木浩、千葉早智子、英百合子、北沢彪ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わがはいはねこである【吾輩は猫である】
夏目漱石の最初の長編小説。1905年(明治38)1月から06年8月まで,《ホトトギス》に断続的に発表。上・中・下巻として1905‐07年刊。文明中学の英語教師苦沙弥の家に飼われている猫の目を通して,同家に出入りする美学者の迷亭,物理学者の寒月,新体詩人の越智東風ら〈太平の逸民〉の超俗ぶりを,実業家の金田一家に代表される世間との対比によって描く。彼らの間に交わされる駄洒落や,滑稽なエピソードが読者の笑いをさそう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わがはいはねこである【吾輩は猫である】
小説。夏目漱石作。1905(明治38)~06年発表。中学の英語教師苦沙弥先生の家を舞台に、飼い猫の目を通して近代日本の姿を風刺した作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

吾輩は猫である
わがはいはねこである
夏目漱石(そうせき)の最初の長編小説。1905年(明治38)1月から6年8月まで『ホトトギス』に連載され、5年10月~7年5月、全3巻で大倉書店・服部書店より共同で刊行。中学教師の珍野苦沙弥(ちんのくしゃみ)の家に飼われる猫が、そこに集まる高等遊民たちの言動を観察、記録して、人間の愚劣・滑稽(こっけい)・醜悪を痛烈に批判し、嘲笑(ちょうしょう)するという趣向の小説。高浜虚子(きょし)の勧めで写生文として書いたものだが、読者の支持を受け、11回にわたって書き継がれた。苦沙弥は戯画化した漱石自身で、見る機能としての猫の目を設定して、人間社会と自己を自在に笑い飛ばす自由を手に入れている。金権主義の実業家に対する罵倒(ばとう)など、漱石の正義感が遺憾なく吐露され、パロディーやカリカチュアライズ、デフォルメなどの手法も多用されている。落語を思わせる語り口や近世以来の言語遊戯など、痛快な笑いの文学となった。小説家夏目漱石の誕生を告げた記念すべき作品である。[三好行雄]
『『吾輩は猫である』(新潮文庫・角川文庫・旺文社文庫・講談社文庫・岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わがはいはねこである【吾輩は猫である】
小説。夏目漱石作。明治三八~三九年(一九〇五‐〇六)発表。苦沙彌先生の飼猫の眼を通して、その家庭や出入りする変人たちの言動を初めとして、滑稽で陳腐な人間社会をユーモラスな筆致で批判、風刺した作品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾輩は猫である」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吾輩は猫であるの関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割竹島問題

他サービスで検索

「吾輩は猫である」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.