Rakuten infoseek

辞書

吾妻 光【アヅマ テル】

20世紀日本人名事典

吾妻 光
アヅマ テル

大正期の女優



生年
明治31(1898)年6月15日

没年
昭和55(1980)年5月19日

出身地
東京市

本名
原田 酉子

学歴〔年〕
和洋女学校〔大正4年〕卒

経歴
新劇運動に参加、大正8年帰山教正監督「白菊物語」で映画デビュー。直後水谷八重子ら新劇協会の「青い鳥」に出演。次いで帰山の「幻影の女」でヒロインを演じ、キネマ旬報などで絶賛された。以後同協会の看板女優として帰山の「湖畔の小鳥」などに主演を続け、10年「活動画報」に「新しき戦線に立ちて」を寄稿。同年2月東大卒業直前の野尻清彦(大仏次郎)と結婚。帰山の「父よいづこ」(12年)まで主演を続け、家庭に入った。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

吾妻 光
アヅマ テル

職業
女優

本名
原田 酉子

生年月日
明治31年 6月15日

出身地
東京市(東京都)

学歴
和洋女学校〔大正4年〕卒

経歴
新劇運動に参加、大正8年帰山教正監督「白菊物語」で映画デビュー。直後水谷八重子ら新劇協会の「青い鳥」に出演。次いで帰山の「幻影の女」でヒロインを演じ、キネマ旬報などで絶賛された。以後同協会の看板女優として帰山の「湖畔の小鳥」などに主演を続け、10年「活動画報」に「新しき戦線に立ちて」を寄稿。同年2月東大卒業直前の野尻清彦(大仏次郎)と結婚。帰山の「父よいづこ」(12年)まで主演を続け、家庭に入った。

没年月日
昭和55年 5月19日 (1980年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻 光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吾妻 光の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.