Rakuten infoseek

辞書

吾妻鏡【あづまかがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吾妻鏡
あづまかがみ
東鑑』とも書く。鎌倉幕府の前半を扱った歴史書。全体の巻数は不明。 51巻もの,47巻ものなどがある。治承4 (1180) 年の以仁 (もちひと) 王の平家追討の挙兵に始り,文永3 (1266) 年将軍宗尊親王の上洛までの事績を日記体に編修したもの。 13世紀末か 14世紀初めの成立と思われる。編修は幕府当局の公的な機関で行われたと思われるが,はっきりしない。寿永2 (1183) ,建久7 (96) ,同8,同9,仁治3 (1242) ,建長1 (49) ,同7,正元1 (59) ,弘長2 (62) ,文永1 (64) 年の記事が欠落。ほかにも欠け,伝わっていない月々も多い。これらの欠落が,転写中に失われたのか,もともと編修されなかったのかは不明。記事は各将軍 (源頼朝,頼家,実朝,藤原頼経,頼嗣,宗尊親王の6代) に分けられ,各将軍1代の前に,当時の天皇や上皇,摂政,関白の略歴を載せ,月日を追って将軍在任中の治績を記録している。幕府当局に保管されていた史料や,武士から提出された史料のほか,京都の貴族の日記などを利用しているが,対象は幕府とその配下の武士の事柄に限定され,京都の貴族の間に起った事件や,幕府に属さない武士相互の抗争などはほとんど扱っていない。したがって,幕府の歴史を作ることに主眼がおかれたものといえる。これは一部の人にしか読まれなかったが,徳川家康が愛読し治世の資にして以来広まり,江戸時代には,各大名はきそってこれを披見したといわれる。『国史大系』に収録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あずまかがみ〔あづまかがみ〕【吾妻鏡/東鑑】
鎌倉時代の歴史書。鎌倉幕府の家臣編纂(へんさん)。52巻(巻45欠)。治承4年(1180)源頼政の挙兵から、文永3年(1266)までの87年間を変体漢文の日記体で記す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あづまかがみ【吾妻鏡】
東鑑とも書く。鎌倉幕府が編纂した幕府の歴史書。巻数未詳。後世52巻と訛伝。編年体で,各将軍ごとにまとめられる。13世紀末~14世紀初頭の編纂。ただし完成したかどうか不明。1180年(治承4)以仁王・源頼政の挙兵に起し,1266年(文永3)6代将軍宗尊親王送還までを扱う。日記体をとるが,種々の史料を収集して,後に編纂した書物である。その編纂の仕方は,収集した史料を年月日順に貼り継ぎ,これに編纂者が筆を加えるという,伝統的な編修方法によっているため(これを抄録,切貼り細工と呼ぶ),同時代のいろいろな文体が収録される結果となり,このため鎌倉時代前後の和風変体漢文を指して,吾妻鏡体と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

吾妻鏡
(通称)
あずまかがみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい吾妻鑑
初演
宝永3.11(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

吾妻鏡
あづまかがみ
源頼政挙兵の1180年から1266年までの鎌倉幕府の記録
日記の体裁をとる編年体の史書。52巻。3代将軍までと,それ以後とで成立年代が違う。編纂者は不明。内容は比較的正確で,鎌倉時代前半期の政治および武家社会研究の基本史料であるが,その利用には吟味を要する。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻鏡
あずまかがみ

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吾妻鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.