辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

吾妻徳穂【あづま とくほ】

美術人名辞典

吾妻徳穂
日本舞踊家。東京生。父は十五代市村羽左衛門、母は藤間政弥。五代中村富十郎は長男。本名は山田喜久栄。幼年より母・七代坂東三津五郎・六代尾上菊五郎に師事。春藤会を設立。アヅマカブキを創設し、欧米を巡演。芸術院会員文化功労者日本芸術院賞受賞。柴綬褒章受章。平成10年(1998)歿、89才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吾妻徳穂 あづま-とくほ
1909-1998 大正-平成時代の日本舞踊家。
明治42年2月15日生まれ。15代市村羽左衛門の娘。5代中村富十郎の母。大正3年初舞台。昭和5年春藤会設立。8年父より吾妻流をうけつぎ吾妻春枝と名のり4代目家元となる。17年徳穂と改名。戦後夫の藤間万三哉と「アヅマカブキ」を結成し,欧米に歌舞伎舞踊を紹介。61年芸術院会員。平成3年文化功労者。平成10年4月23日死去。89歳。東京出身。本名は山田喜久栄。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吾妻徳穂
あづまとくほ
[生]1909.2.15. 東京
[没]1998.4.23. 東京
日本舞踊家。吾妻流2世宗家。本名山田喜久栄。初め藤間流に学び 1922年名取,藤間喜久栄を名のる。のち女優養成所に入り藤間春枝の名で舞台に立ったが,33年藤間流家元藤間勘斎の了解のもとに,15世市村羽左衛門より,とだえていた吾妻流再興の許しを得て,4世家元となり,吾妻春枝と改称。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

吾妻徳穂
あづまとくほ
(1909―1998)
日本舞踊吾妻流宗家。東京生まれ。本名山田喜久栄。父は15世市村羽左衛門(うざえもん)といわれ、母は藤間政弥(まさや)。母や7世坂東三津五郎(みつごろう)らに師事。14歳で藤間春枝を名のる。1924年(大正13)帝劇女優養成所に入り、1930年(昭和5)舞踊家として出発。「春藤会」を発足させ、新舞踊運動のスターの一人として活躍した。中絶していた吾妻流を1933年に再興、吾妻春枝となり、1942年、徳穂と改名。華麗な舞台、芸風で知られた。1954年にアズマカブキのアメリカ公演、1955~1956年に欧米公演を行い、本格的な日本舞踊初の海外公演として大きな足跡を残した。1965年から「徳穂の会」を始め、『赤猪子(あかいこ)』『藤戸の浦』などの秀作を発表。1978年孫の徳彌に家元を継承させ、宗家となる。1985年、日本舞踊の興行化を目ざして「をどり座」の第1回公演を行い、第8回まで続けた。1991年(平成3)文化功労者。[如月青子]
『吾妻徳穂著『おどり』(1967・邦楽と舞踊出版社) ▽吾妻徳穂著『踊って躍って八十年』(1988・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻徳穂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吾妻徳穂の関連情報

関連キーワード

小倉遊亀藤間藤子青木和夫加藤晨明神立誠小島憲之後藤靖関晃藤間友章分林保三

他サービスで検索

「吾妻徳穂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.