Rakuten infoseek

辞書

吾・我【あ】

大辞林 第三版

あ【吾・我】
( 代 )
〔上代語。中古以降は「わ」が用いられた〕
一人称。わたし。あれ。 「吾妹子に-が恋ひ死なば/万葉集 3566

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あれ【吾・我】
( 代 )
一人称。私。われ。 「枕かむとは-はすれどさ寝むとは-は思へど/古事記 」 〔中古以降は、この語の代わりに「われ」が用いられるようになる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あ【吾・我】
〘代名〙 自称。私。あれ。中古以降は「わ」が使われて衰えた。
古事記(712)上・歌謡「阿(ア)はもよ、女(め)にしあれば」
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「我(ア)が財」
[語誌]ア・アレとワ・ワレとの相違については諸説あるが、大別すると二つになる。一つは、ア・アレは古く、ワ・ワレは新しいとする説、一つは、アガとワガとが限定する語に差が認められることから、ア系は私的で親愛の情を含み、個としての(単数的・孤独的)自分を示すのに対し、ワ系は公的で一般的用語であり、同質社会における複数の中の一人としての自分を示すとする説である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あれ【吾・我】
〘代名〙 自称。私。中古以降は「われ」が用いられるようになって、次第に衰えた。
※古事記(712)中・歌謡「撓(たわ)や腕(がひな)を 枕(ま)かむとは 阿礼(アレ)はすれど」
※大鏡(12C前)四「あれは舞はじとて、角髪(びづら)ひきみだり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾・我」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吾・我の関連情報

他サービスで検索

「吾・我」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.