Rakuten infoseek

辞書

吹上【ふきあげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吹上
ふきあげ
埼玉県中北部,鴻巣市北西部の旧町域。荒川元荒川の間に挟まれた沖積地にある。 1934年町制。 1954年小谷村と合体。 1955年大井村の一部を編入し,さらに下忍村と合体。 2005年鴻巣市に編入。中心地区は自然堤防上にある。電機,合成樹脂などの大工場が JR高崎線吹上駅周辺に立地。低平な地帯では米作のほか都市近郊型の農業が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吹上
ふきあげ
鹿児島県西部,日置市南部の旧町域。薩摩半島西岸にある。 1955年伊作町と永吉村が合体して吹上町が成立。 2005年伊集院町,東市来町,日吉町と合体し日置市となる。中心地区の伊作は伊作島津家 (→島津氏 ) の城下町で,亀丸城跡はその居城跡。米,葉タバコ,野菜,ミカンなどを生産。ブタや和牛の飼育も盛ん。西岸吹上浜砂丘とマツ林,薩摩湖吹上温泉 (伊作温泉) ,島津家歴代の墓地など観光資源に恵まれ,海岸部は吹上浜県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふきあげ【吹上】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

吹上 (フキアゲ)
学名:Agave stricta
植物。リュウゼツラン科の園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふき‐のぼ・る【吹上】
〘自ラ四〙
① 風が低い所から高い所へ向かって吹く。ふきあがる。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「秋風、谷よりはるかに吹のぼりて、いと肌寒きに」
② 水などが高くわきあがる。ふきあがる。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)三「守りと書置と井の内へ投込。水吹のぼる」
③ 笛などの音がしだいに高い調子になる。
※枕(10C終)二一八「なからばかりよりうち添へてふきのぼりたるこそ、ただいみじう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吹上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吹上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.