Rakuten infoseek

辞書

吸虫類【きゅうちゅうるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吸虫類
きゅうちゅうるい
Trematoda; fluke
扁形動物門吸虫綱に属する寄生虫総称で,おもに脊椎動物に外部寄生あるいは内部寄生する。別名ジストマともいい,単生類,楯吸虫類,二生類に大別される。体は左右相称,背腹に扁平で,体表はクチクラでおおわれ,一般に色素がない。宿主への付着器官として吸盤,鉤,とげなどをもつが,外部寄生虫は内部寄生虫よりもこれらの器官が発達している。口は通常体の前端にあり,腸は二叉状に分れ,肛門はない。生殖孔は口の後方に開く。大部分は雌雄同体で,雌雄の生殖門は合一するかまたは腹面に並んでおり,生殖器系は複雑で変化に富んでいる。内部寄生のものは発生中に単為生殖と両性生殖を行い,また中間宿主終宿主が異なるので,生活史が複雑である。中間宿主には二枚貝類,甲殻類魚類などが多い。二生類に属するものにはヒト家畜に大害を与える内部寄生虫が多く,血管系に寄生する日本住血吸虫に寄生する肺吸虫肝臓胆管に寄生する肝吸虫肝蛭 (かんてつ) ,腸管に寄生する横川吸虫などがある。感染は淡水・汽水産の魚類,カニなどを生や不完全な調理によって食べることによる場合が多い。世界で約 2400種が知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きゅうちゅうるい【吸虫類】
扁形動物門吸虫綱に属する動物の総称。吸盤や鉤かぎがあり、他の動物の肝臓・肺・膵臓すいぞうなどの内臓や体表で寄生生活をする。体は左右相称で扁平。雌雄同体。肝吸虫や日本住血吸虫などヒトに寄生し、疾病の原因となるものもある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうちゅう‐るい キフチュウ‥【吸虫類】
〘名〙 吸虫類前口亜目に属する扁形動物旧称、ジストマ。人間や家畜の消化管に主として寄生するが、肝臓、肺臓腎臓などにも寄生してひどい害を与えるものもある。体は扁平で、木の葉状円盤・円筒状など変化に富み、体の前端と腹面とに一個ずつ吸盤がある。この二つの吸盤を口とまちがえてジストマ(二口虫)と名づけた。中間宿主を必要とし、四回も宿主をかえたのちに成虫になるものもある。ほとんど雌雄同体。日本では肺吸虫と日本住血吸虫とが主なもので、後者の害はひどい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

吸虫類
 →吸虫

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸虫類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吸虫類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.