Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

吸収スペクトル【きゅうしゅうスペクトル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吸収スペクトル
きゅうしゅうスペクトル
absorption spectrum
光やその他の放射線物質中を通過するとき,その物質に特有な波長領域で吸収される。このため連続光を物質に当てて通過した光のスペクトルを調べてみると,連続スペクトルのなかで黒い帯状か線状に光が弱められているのがわかる。これを吸収スペクトルという。広い波長範囲に連続的に吸収されているものを連続吸収スペクトル,帯状に狭い波長範囲に現れるものを吸収帯,線状のものを線吸収スペクトルという。一般に固体液体は連続吸収,気体分子は帯状吸収,原子は線状吸収を示す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうしゅう‐スペクトル〔キフシウ‐〕【吸収スペクトル】
光線など、連続したスペクトルをもつ電磁波が物質に当たったときに、その物質特有の波長範囲の部分が選択的に吸収されて暗黒となったスペクトル。物質の構造決定や分析に利用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

吸収スペクトル
 光が物質のを通過する場合,波長によって吸収される程度が異なる.連続した波長についてこの量を記録すると,一つのスペクトルとなる.このスペクトル.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうしゅうすぺくとる【吸収スペクトル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

吸収スペクトル
きゅうしゅうすぺくとる

連続スペクトルをもつ光または放射線が物体を通過する際、この物体による吸収のために連続スペクトルの各所に暗黒な部分が現れる。これを一般に吸収スペクトルという。フラウンホーファーは太陽のスペクトルを分光器を用いて観測し576本もの黒線を発見し、それらのおもな線に波長の長いほう(赤いほう)から順にA、B、Cといった符号をつけた。これがフラウンホーファー線であるが、それが太陽スペクトルの吸収線であることは、のちにキルヒホッフによって明らかにされた。たとえばD線はナトリウム原子による吸収線である。ナトリウムや水銀の蒸気などでは容易に線状の吸収スペクトルが観察できる。しかし一般には原子吸収スペクトルはきわめて先鋭なので、十分先鋭な単色光源(ホローカソード管など)を用いなければ、原子蒸気による吸収を観測することはできない。原子吸収の測定により化学分析を行う方法を原子吸光分析法といい、広く用いられている。

 分子による吸収スペクトルは簡単な気体分子などの場合には線構造を示すが、複雑な分子では線状構造の認めがたい帯スペクトルを与える。液体、固体では明瞭(めいりょう)には分解しない帯スペクトルを与える。吸収スペクトルは物質の化学構造によって決まる。すなわち、分子内の振動、回転などに対応するエネルギー吸収の結果生ずるので、有機化合物の構造決定、分析などに広く利用される。利用される波長域は、観測すべき分子のエネルギー準位に応じて、紫外部から可視、赤外およびマイクロ波領域にまで及ぶ。マイクロ波を用いる星間物質の探索は電波天文学の重要なテーマである。

[中島篤之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうしゅう‐スペクトル キフシウ‥【吸収スペクトル】
〘名〙 (スペクトルはspectre) 連続スペクトルに現われる暗黒部。物質中を通過する光またはX線が、物質特有の吸収を受けて生ずる。吸収部分の形状によって、吸収線スペクトル、吸収バンドスペクトル、吸収連続スペクトルに分けられる。その吸収された光の波長を測って、原子、分子、物質の構造決定や、定性分析、定量分析、天体の物質構成の決定などに応用される。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

吸収スペクトル
キュウシュウスペクトル
absorption spectrum

物質による光の吸収の振動数あるいは波長分布.通常,吸収はランベルトの法則に従うので,吸収係数または吸光係数の振動数分布で表すことが多い.気体では線スペクトルになるが,液体や固体ではある振動数領域に広がって構造をもった連続スペクトルを示すことが多く,低温では一般にスペクトル幅は狭くなる.吸収スペクトルが可視光域にかかるときは,物質は有色となる.可視光・紫外光域の吸収スペクトルは電子準位の研究に用いられ,蛍光・りん光の励起スペクトルや光電導の作用スペクトルとの関連が深い.赤外光域の吸収スペクトルは分子の振動準位の研究に用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸収スペクトル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吸収スペクトルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.