Rakuten infoseek

辞書

含硫アミノ酸

栄養・生化学辞典

含硫アミノ酸
 硫黄を含んだアミノ酸の総称.メチオニンシスチンシステインシスタチオニンタウリンなど.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

含硫アミノ酸
がんりゅうあみのさん
硫黄(いおう)を含んだアミノ酸の総称で、普通メチオニンおよびシスチンをいう。このほか硫黄を含むアミノ酸にランチオニンがある。含硫アミノ酸は栄養上、必須(ひっす)アミノ酸である。食品タンパク質には広く分布しているが、卵タンパク質以外はその含量が少なく、食事に不足する場合が多いので、栄養上重要なアミノ酸の一つとされている。[宮崎基嘉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

含硫アミノ酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

含硫アミノ酸の関連情報

他サービスで検索

「含硫アミノ酸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.