Rakuten infoseek

辞書

君/公【キミ】

デジタル大辞泉

きみ【君/公】
[名]
一国の君主。天皇。天子。
自分が仕えている人。主君。主人。「わが―」
人を敬慕・親愛の情をこめていう語。「いとしの―」
人名・官名などの下に添えて敬意を表す語。男女ともにいう。「師の―」
「明石の―」〈・若菜下〉
貴人や目上の人をいう語。お方。
「この―をば、私ものに思ほし」〈・桐壺〉
遊女。遊君。
「―達声をあげて…笑ひぬ」〈浮・一代男・五〉
古代の姓(かばね)の一。もと皇親系の尊号で、天武天皇の八色(やくさ)の姓制では朝臣(あそみ)姓を与えられる者が多かった。
[代]二人称の人代名詞。
多く男が同等または目下の相手に対していう語。「―、一緒に行こう」
上代では多く女が男に対して、中古以後はその区別なく、敬愛の意をこめて相手をいう語。あなた。
「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや―が袖振る」〈・二〇〉
[下接語]大君十善の君万乗(ばんじょう)の君儲(もう)けの君嫁が君我が君(ぎみ)兄君姉君尼君父君母君姫君村君若君

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くん【君】
[接尾]同輩や目下の人の姓名に付けて、親しみや軽い敬意を表す。主に男性の用いる語。「中村
[補説]古くは目上の人に対する敬称として用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くん【君】[漢字項目]
[音]クン(呉)(漢) [訓]きみ
学習漢字]3年
〈クン〉
民を支配する者。王侯。「君王君主君臨暗君主君神君大君暴君名君明君幼君
人を尊敬して呼ぶ語。「君子厳君細君夫君父君郎君
同輩や目下の者を呼ぶ語。「貴君諸君
〈きみ(ぎみ)〉「大君父君姫君若君
[名のり]きん・すえ・なお・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きみ【君】
日本古代の(かばね)の一つ。とも表記され,古くは有力豪族の尊称首長の意。大和国家の王者が大王(おおきみ)と称するようになると,君は姓としてしだいに位置づけられ,その中で大王は君(公)の中の大なるものとして諸豪族に超越する立場を獲得した。君の姓を持つ地方有力豪族の例としては,上毛野(かみつけぬ)君,筑紫胸肩(むなかた)君などがあり,また応神天皇以後の皇族後裔と称する皇親氏族も君の姓を有していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎみ【君】
( 接尾 )
相手の家族を表す語の下について、その人を敬っていう語。 「父-」 「姉-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんじ【君】
( 代 )
二人称。相手を親しんでいう語。きみ。お前さん。 「 -は同じ年なれど/源氏 乙女

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くん【君】
( 接尾 )
友達や目下の人の姓や名、または姓名などに付けて、親しみや軽い敬意を表す。主に男性の用いる語。 「山田-」 〔古くは同輩以上の人に対する敬称として用いた。現在でも、議員同士の間では敬称として用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


きみ
古代の姓(かばね)の一つ。公とも記す。君は、多く開化(かいか)天皇の皇裔(こうえい)に与えられたが、その出自には問題がある。君姓氏族は330余を数え、畿内(きない)とその周辺に多いが、大部分は中小豪族である。一方、関東の上毛野君(かみつけぬのきみ)や北九州の筑紫君(つくしのきみ)のように大和(やまと)朝廷に反抗的な大豪族もあった。蝦夷(えみし)、隼人(はやと)の首長(しゅちょう)にも君が与えられた。八色(やくさ)の姓(かばね)制定(684)に際し、一部は朝臣(あそん)を賜姓され、とくに継体(けいたい)天皇以後の皇裔は最高位の真人(まひと)の姓(かばね)を賜ったが、政治的地位は高くなかった。[前之園亮一]
『太田亮著『全訂日本上代社会組織の研究』(1955・邦光書房) ▽阿部武彦著『氏姓』(1966・至文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ【君】
素〙 「あぎ」の形で、相手への呼びかけとして用いられる。「あ」は我、わがの意。「ぎ」は君の意であろうといわれる。
※古事記(712)中・歌謡「いざ阿芸(あギ) 振熊(ふるくま)が 痛手負はずは 鳰鳥(にほどり)の 淡海の海に 潜(かづ)きせなわ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎみ【君】
〘語素〙 他の語の下について、その語の表わす人を敬っていう語。「ちちぎみ(父君)」「あねぎみ(君)」「わかぎみ(若君)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くん【君】
[1] 〘名〙
① 王者。主君。→きみ(君)(一)①②。
同輩やそれ以下の者を親しみや軽い敬意をもっていう語。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉三「『鶴丸は?』と聞くと、『あの君(クン)は』と〈略〉へんな言葉ぐせをもって答へていふのに」
[2] 〘接尾〙
① 目上の人などの名前の下に付けて敬意を表わす。
浄瑠璃・関八州繋馬(1724)三「愚老は佐佐目の少弐(せうに)と申す者、武将頼光君(クン)へ直訴申すことあり」
② 同輩やそれ以下の者の名前の下に付けて親しみや軽い敬意を表わす。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「守山さん。矢張小町田君(クン)は、お宅へお帰りなすッた方が宜しいでせう」
[補注]中国で、古くは重臣の称。後には王や諸侯などの称となった。日本では、おもに(二)が使われ、明治末年頃までは同輩以上の人にも用いたが、現在は、多く同輩や目下の者の名に付けて用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

君/公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

君/公の関連情報

他サービスで検索

「君/公」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.