Rakuten infoseek

辞書

吏員【りいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吏員
りいん
広義には,地方公共団体の長および議員を含め,地方公務員全般をさす語として用いられる(日本国憲法93条2項)。狭義には一般職地方公務員であって,長の補助機関である者をさしたが,2006年の地方自治法改正で職員に統一された。改正前の地方自治法に定める吏員は,長の権限の委任を受け,またはこれを代理する吏員(副知事,助役,出納長,副出納長,収入役および副収入役を含め,長の補助機関である者の総称)と上記役職者以外の吏員があり,事務吏員と技術吏員の別があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

り‐いん〔‐ヰン〕【吏員】
公共団体の職員。公吏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りいん【吏員】
公共団体の職員。公吏。官吏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐いん ‥ヰン【吏員】
〘名〙 公共団体の職員。官吏。また、その人数。現在では、地方公共団体の職員。〔漢語字類(1869)〕
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「政府を建んとするには吏員なかる可らず。吏員を用んとするには之に給料を与へざる可らず」 〔後漢書‐光武紀下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吏員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吏員の関連情報

他サービスで検索

「吏員」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.