Rakuten infoseek

辞書

【キサイ】

デジタル大辞泉

きさい【后】
きさき(后)」の音変化。
「帝、―の思しおきつるままにもおはしまさば」〈総角

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きさき【后/妃】
天皇の正妻。皇后および中宮。また、皇太后後宮(こうきゅう)女御(にょうご)更衣(こうい)などをいう場合もある。
王侯貴族の妻。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご【后】[漢字項目]
こう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【后】[漢字項目]
[音]コウ(漢) ゴ(呉) [訓]きさき
学習漢字]6年
〈コウ〉
君主。「后王」
きさき。「后妃皇后(こうごう)三后母后立后皇太后(こうたいごう)
〈ゴ〉うしろ。のち。「午后(ごご)
[補説]は「」と通用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きさき【后】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きさい【后】
〔「きさき」の転〕
皇后。中宮。 「みかど・-のおぼしおきつるままにもおはしまさば/源氏 総角

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう【后】
〘名〙
① 天子。君主。
※凌雲集(814)奉和江亭晩興呈左神栄清藤将軍〈淳和天皇〉「我后巡方春日晩、廻鑾駐駅次江亭
② きさき。皇后。〔礼記‐曲礼下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

后の関連情報

他サービスで検索

「后」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.