Rakuten infoseek

辞書

后稷【こうしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

后稷
こうしょく
Hou-ji
中国,王朝の伝祖先。農業神。は姫。名は。姜原 (きょうげん) が巨人の足跡を踏んではらみ生れたので (感生説話) ,不祥としてたびたび棄てられたが,そのたびに助けられた (棄子説話) 。のち帝堯の農官となり「たい」 (陝西省武功県付近) に封じられ,后となった。周王朝の始祖神であるが,また社稷の神 (地神) であり,五穀の神でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐しょく【后×稷】
中国古代の官名で、農事をつかさどる長官。
中国、王朝の始祖とされる伝説上の人物。姓は姫(き)、名は棄(き)。母親の姜原(きょうげん)が巨人の足跡を踏み、妊娠して生まれたといわれる。農耕を好み、舜(しゅん)のときとなったという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしょく【后稷 Hòu jì】
中国古代の神話にみえる農業神。周王朝の始祖とされる。その出生について,母の姜嫄(きようげん)が大人の足あとをふんで妊(はら)んだという感生帝説話があり,《詩経大雅・生に歌われている。足あとを践(ふ)むのは舞踏の形式とも,また神衣を着けて神位に座息するとする説もある。神異の子であるので棄(き)と名づけ,いくども棄(す)てられたが,そのたびに奇瑞によって救われた。稷の字形穀霊を形代(かたしろ)にした形で,農業神を示す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうしょく【后稷】
は君、は五穀 中国、周王朝の始祖とされる伝説上の人物。姓は姫、名は棄。母が巨人の足跡を踏んでみごもり、生まれてすぐに棄てられたので棄という。舜しゆんにつかえて人々に農業を教え、功により后稷(農官の長)の位についた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

后稷
こうしょく
中国古代、周王朝の始祖とされる人物。『史記』周本紀によれば、有(ゆうたい)氏の娘で帝(こう)の妃(ひ)であった姜原(きょうげん)が、野で巨人の足跡を踏んでみごもり、産んだのが后稷といわれる。中国古代における感生説話の一例とされる。また后稷は農耕を教えたといわれ、農業神ともされる。これについては、周族が、周原に初めて定住したとき、土着の姜姓の女との間に生まれたのが后稷で、彼らより農業を学んだことが、このような伝説の生因になったとする説がある。[松丸道雄]
『岡崎文夫著『古代支那史要』(1944・弘文堂書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐しょく【后稷】
[1] 〘名〙 中国古代の官名農事をつかさどった。
[2] 中国の周王朝の祖と伝えられる人物。本名は姫棄。農耕にすぐれ、堯帝に用いられ、のときに(一)についたという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

后稷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

后稷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.