Rakuten infoseek

辞書

【ナ】

デジタル大辞泉

な【名】
ある事物を他の事物と区別するために、それに対応するものとして与える、言語による記号。名前。
㋐一般に、その事物の呼び方。「人との付く生き物」「花の
㋑ただ一つしか存在しないものとしての、その事物の固有の呼び方。「富士というの山」「もない島」
㋒その人の、固有の呼び方。氏名。姓名。また、姓に対して、家の中でその人を区別する呼び方。「初対面でを名乗る」「子にを付ける」
㋓その集団・組織などの呼び方。「学校の
集団・組織などを代表するものとして、表向きに示される呼び方。名義。「会社ので登記する」

㋐評判。うわさ。「好き者のが広がる」
㋑名声。名誉。「世にの聞こえた人物」「家のを傷つける」
㋒守るべき分際。名分。→名を正す

㋐うわべの形式。体裁。「会社とはばかりの個人経営」
㋑表向きの理由。名目。「福祉事業ので営利をむさぼる」
[下接語]徒(あだ)名渾(あだ)名宛(あて)名家名一名浮き名氏(うじ)名烏帽子(えぼし)名大(おお)名贈り名幼(おさな)名男名替え名隠し名仮(か)名唐(から)名国名源氏名小路(こうじ)名小(こ)名醜(しこ)名通り名殿名暖簾(のれん)名又の名真(ま)名物の名大和(やまと)名呼び名童(わらわ)名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう〔ミヤウ〕【名】
名田(みょうでん)」の略。
名代(みょうだい)」の略。
「夫は所の―にさされて」〈虎寛狂・筑紫の奥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう【名/命/明/冥】[漢字項目]
〈名〉⇒めい
〈命〉⇒めい
〈明〉⇒めい
〈冥〉⇒めい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい【名】
[名]
なまえ。な。「姓と
名詞の上に付いて、すぐれている、評判が高い、などの意を表す。「文句」「校長」「ピアニスト」
[接尾]助数詞。人数を数えるのに用いる。「40

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい【名】[漢字項目]
[音]メイ(漢) ミョウ(ミャウ)(呉) [訓]
学習漢字]1年
〈メイ〉
人や物の呼び名。「名刺名称名簿名目家名改名学名偽名国名氏名指名書名署名除名姓名題名地名知名匿名売名病名品名別名命名連名
世に知られた名前。ほまれ。評判。「名声名誉悪名栄名汚名虚名声名盛名著名文名有名勇名
名高い。すぐれている。「名案名医名曲名作名士名手名所名勝名人名店名物名文名門
言葉で言い表す。「名状
名古屋。「名神
〈ミョウ〉
な。「名字名跡名代異名戒名称名俗名本名
ほまれ。評判。「名利悪名功名
昔、所有者の名を冠した荘田。「名田小名大名
〈な〉「名前渾名(あだな)宛名(あてな)仮名(かな)真名
[名のり]あきら・かた・なずく・もり
[難読]名残(なごり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

な【名 name】
われわれをとりまく森羅万象,そのすべてに名があるわけではない。名付けられたものもあれば,名付けられていないものもある。それは当該の文化と強い相関関係を持っている。 名を与えるという行為には,名付ける人と名付けられる対象とが関与している。そしてその行為の主体は,それぞれの文化を背負った名付ける人の側にある。つまり,名はある意味で名付ける人の側の〈世界像〉を示すものであり,典型的には界のさまざまな神話にみられる〈名まえを持たぬものに対して名まえを与える状況=創造の状況〉といった多くのテキストが,名という行為の本質を雄弁に物語っているとみることもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みょう【名】
平安時代から中世にかけての荘園国衙領(公領)にあって,その内部を構成した基本単位。領主はこの名を単位として農民を支配したが,その実態・性格については,古くから論じられてきたにもかかわらず,今もって確たる定説はない。名の責任者が名主(みようしゆ)である。名の初見は,859年(貞観1)の史料で,以後,戦国時代までみられる。古くは名田と同一視されたが,最近では若干意味が異なると解されている。
[名についての学説史]
 名(名田)には,ふつう人名が冠されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

めい【名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

な【名】
人が認識した事物に、他の事物と区別するために言葉で言い表した呼称。名前。
同じ性質を有する一定範囲の事物をひとまとめにした呼称。 「東から吹く風の-を東風こちという」 「いかづちは-のみにもあらず、いみじうおそろし/枕草子 153
ただ一つしか存在しない個々の物に付けた呼称。 「国の-」 「 -も知れぬ遠き島」
人の呼び名。
人ひとりひとりに付けた呼び名。姓に対して名前。 「生まれた子に-を付ける」 「娘の-は花子です」
姓名。氏名。 「私の-は田中花子です」 「 -を名乗れ」 「 -をばさかきの造みやつことなむいひける/竹取」
その呼び名とともに世にあらわれた評判。
よい評判。名声。 「世に-が高い」 「 -のある人」
名誉。 「 -が傷つく」
あまりかんばしくない評判。うわさ。
実質を伴わない名称。
名目。体裁。 「ホテルとは-ばかりの安宿」
表向きの理由。口実。 「開発の-のもとに自然を破壊する」
名義。 「会社の-で申し込む」
古く国語の単語分類に用いた語で、現在の名詞に相当するもの。室町時代の連歌論書にすでに見え、江戸時代の国学者富士谷成章もこれを用いた。 → よそい挿頭かざし脚結あゆい
[句項目] 名有り 名有りて実なし 名が売れる 名が立つ 名が通る 名が泣く 名に負う 名に聞く 名にし負う 名にそむく 名に立つ 名に恥じない 名に旧る 名のない星は宵から出る 名は実の賓 名は体を表す 名も無い 名をあげる 名を売る 名を得る 名を惜しむ 名を借りる 名を汚す 名を雪ぐ 名を捨てて実を取る 名を正す 名を立つ 名を竹帛に垂る 名を連ねる 名を遂げる 名を留める 名を取る 名を取るより得を取れ 名を流す 名を成さしめる 名を成す 名を盗む 名を残す 名を辱める 名を馳せる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう【名】
「名田」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい【名】
[1] ( 名 )
なまえ。な。 「姓と-」
名詞の上に付いて、すぐれている、評判が高い、などの意を表す。 「 -文句」 「 -議長」 「 -バイオリニスト」
( 接尾 )
助数詞。人数を数えるのに用いる。「人にん」よりは丁寧な言い方。 「三-行方不明」 「何-いるか」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


みょう
平安後期から中世にかけて、荘園(しょうえん)・国衙(こくが)領における年貢(ねんぐ)・公事(くじ)などの収納単位。名に編成され、管理・徴税責任者たる名主(みょうしゅ)によって統轄される田地が名田(みょうでん)。名には、一般に最初の名主の名前がつけられた。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な【名】
〘名〙
[一] 個、または集合としての事柄や物を、他から区別するために、対応する言語でいい表わしたもの。なまえ。
① 一般に物事の名称。呼び方。
※万葉(8C後)三・三三九「酒の名を聖(ひじり)とおほせしいにしへの大き聖の言(こと)のよろしさ」
② 固有のものとしてつけられた呼称。固有名詞。
※土左(935頃)承平五年一月七日「このいけといふは、ところのななり」
③ 特に、人やその集団につけられた名称。
(イ) 家や家系としての呼称。血縁集団名としての氏(うじ)や職名としての姓(かばね)など。氏姓(しせい)
※万葉(8C後)二〇・四四六五「惜(あたら)しき 清きその名(な)そ おぼろかに 心思ひて 虚言(むなこと)も 祖の名絶つな 大伴の 氏と名に負へる 大夫の伴」
(ロ) 一個人の呼称。名前。
※古事記(712)中「兄(いろね)の名(な)は蠅伊呂泥(はへいろね)
(ハ) 仏などの名号、または、経典の題目。
※今昔(1120頃か)七「汝、般若の名を聞き奉れる善有り」
[二] (一)に伴う事柄、または、その属性を象徴するものとしての名称。
① 評判、うわさ。
※枕(10C終)六二「名取川、いかなる名を取りたるならんと聞かまほし」
② 特に、よい評判をいう。名声。また、名誉。
※万葉(8C後)六・九七八「士(をのこ)やも空しくあるべき万代に語り続ぐべき名は立てずして」
③ 名称だけが実体から離れて先行すること。評判だけの名称。実体を表わしていない名前。虚名。
※万葉(8C後)一五・三七一八「家島は奈(ナ)にこそありけれ海原を吾(あ)が恋ひ来つる妹もあらなくに」
④ 名前に伴って守るべき分際。名分。「名をただす」
[三] (形式とその実際の内容とを対比して) 表面的な理由や体裁。名目。
(イ) 表面上の名誉や体裁。
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「こんなときは名よりも実をとった方がいいと思ふな」
(ロ) 表向きに出す形式上の名義。「社長の名で寄付をする」
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦平〉四「福江の日農支部を勧誘して、日農の名で許可をとった」
(ハ) 何かするためにつける理由。口実。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)六「汝等ばかり芝居見物に行けと、皆の衆へと名がついたら」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「客来を名にして飲んで居たのを」
[四] (助詞「の」を伴って用いる) 名声の高いこと。有名。名代。
※浮世草子・椀久一世(1685)上「誠に昔男の植へ置きし名の桜散らぬうちに見に行かぬかと、さそふ水」
[五] 文字。古く、その物に対する名称の意から転用したもの。真名(まな)、仮名(かりな・かな)など。
※書紀(720)敏達元年五月(前田本訓)「表䟽(ふみ)(からす)の羽(は)に書(か)けり。字(ナ)、羽の黒き随(まま)に、既に識る者(ひと)無し」
[六] 「なごり(名残)の折」の略。
※浪化宛去来書簡‐元祿七年(1694)五月一三日「初折の裏より名の表へむけて此元にて仕」
[補注]上代にあっては、言霊信仰によって、名すなわち物、ことばすなわち実体というとらえ方や意識が強く残っていたと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう ミャウ【名】
〘名〙
① 仏語。物質(色(しき))に対する心のはたらきをいう。〔倶舎論‐四〕
② もののなまえ。な。名称。
※永平道元禅師清規(13C中)赴粥飯法「法若菩提、食亦菩提、名等義等、故言等」
③ 名聞、名声。
※台記別記‐久安三年(1147)一二月一一日「文章博士永範朝臣〈四位〉頗有博学之名
④ 「みょうでん(名田)」の略。人名などの固有名詞を冠し、何々名と呼ぶ。
※百巻本東大寺文書‐四七・貞観元年(859)一二月二五日・近江国依智荘検田帳「今即勘取、令地子、而前々付家継之名、未進巨多」
⑤ 「みょうだい(名代)」の略。
※虎明本狂言・筑紫奥(室町末‐近世初)「わたくしも、在所のみゃうにさされてまいった程に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい【名】
[1] 〘名〙
① 人や物につけて、他と区別するための名前。名目。名(な)。〔管子‐心術・上〕
※李陵(1943)〈中島敦〉二「博く儒士法、名諸家の説にも通じてゐたが」
[2] 〘接尾〙 人数を数えるのに用いる。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「局員四十有余名と言やア大層のやうだけれども」 〔荘子‐則陽〕
[3] 〘語素〙 (名詞の上について) 良い、すばらしい、定評のある、などの意を添える。「名選手」「名演技」など。
※咄本・都鄙談語(1773)鸚鵡「近所に名(メイ)蕎麦が出来た。〈略〉その名代蕎麦を取寄せて、あなたへ上い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名の関連情報

他サービスで検索

「名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.