Rakuten infoseek

辞書

名護屋【なごや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名護屋
なごや
佐賀県北部,唐津市鎮西町の中心集落。東松浦半島の北西端に位置する。旧村名。 1956年打上村と合体して鎮西となる。玄界灘に臨む名護屋港は,湾口にある加部島が自然の防波堤をなす良港。天正 19 (1591) ~20年豊臣秀吉が近くの台地上に名護屋城築城,ここを本営として朝鮮に出兵した。城跡および陣跡は国の特別史跡に指定されている。玄海国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なごや【名護屋】
佐賀県唐津市の地名壱岐(いき)水道に面し、豊臣秀吉朝鮮出兵の際に本拠とした名護屋城跡ならびに陣跡がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なごや【名護屋】
佐賀県東松浦郡鎮西町の大字名。かつては名古屋とも書いた。東松浦半島の北端にあり,壱岐水道に面する。玄武岩性の上場(うわば)台地に深く入り込む名護屋浦には名護屋大橋が架かり,東の呼子(よぶこ)町と直結する。台地上の岡集落と海岸の浜集落とに大別され,かんきつ類などの畑作が目立つ岡に対し,浜には県内有数の名護屋漁港がある。名護屋には松浦党の名古屋氏が代々城を構えていたが,豊臣秀吉が朝鮮出兵の前線基地として名護屋城を築き,周辺一帯に諸大名が在陣した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なごや【名護屋】
佐賀県唐津市鎮西町の地名。壱岐海峡に面し、漁業の基地。中世は松浦まつら党の一族名護屋氏の拠点。名護屋城跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

名護屋
なごや
佐賀県唐津市(からつし)鎮西(ちんぜい)町の地区。旧名護屋村。かつては「名古屋」とも書いた。壱岐(いき)水道(玄界灘(げんかいなだ))に突き出す東松浦半島の北端にある。国の特別史跡である名護屋城跡並陣跡(ならびにじんあと)は、豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮侵略の拠点として知られる。名護屋城は海抜約80メートルの勝男(かつお)岳(垣添(かきぞえ)山)に築かれた平山城(ひらやまじろ)で、中世松浦党(まつらとう)の名古屋氏が居城していた場所といわれる。深い入り江の名護屋浦を控え、壱岐・対馬(つしま)を経て朝鮮に至る最短コースの地で、秀吉の朝鮮出兵にまつわる遺跡や伝承が多い。城跡の一角には日本庭園の茶苑「海月」がつくられている。1993年(平成5)には佐賀県立名護屋城博物館が開館した。玄武岩の丘陵性台地にある岡の諸集落の生業は主として農業、海岸の浜の諸集落はおもに漁業。大漁祈願などの「盆綱ねり」は代表的な年中行事である。名護屋浦にかかる名護屋大橋には国道204号が通じ、玄海国定公園の観光コースをなす。[川崎 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なごや【名護屋】
佐賀県唐津市の地名。東松浦半島の北西端にあり、壱岐海峡に面する。中世に松浦(まつら)党の一族名護屋氏の拠点となり、室町時代には朝鮮との貿易が行なわれた。文祿・慶長の役の際には、その本営として名護屋城が築かれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

名護屋
なごや
佐賀県北西部,東松浦半島先端の鎮西町の一地区
古くから大陸交通上の要地として発展。豊臣秀吉は朝鮮出兵に際し,西国諸大名に命じてここに築城し,基地とした。城は江戸初期にとりこわされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名護屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名護屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.