Rakuten infoseek

辞書

名語記【みょうごき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名語記
みょうごき
語源辞書。経尊 (きょうそん) 著。 10帖。初稿本を訂正増補したその成立は建治1 (1275) 年。当時の語彙を,まず音節数,次いで第2音節までイロハ順に配列し,相通,反音,延音約音などを用いながら語源を問答体で記している。なお「名」は体言,「語」は用言をさし,ほかに「テニハ」などの名称もあり,品詞分類の萌芽がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みょうごき〔ミヤウゴキ〕【名語記】
鎌倉時代の辞書。経尊著。初稿6巻本は文永5年(1268)、増補10巻本は建治元年(1275)成立。当時の口語俗語を音節数によって分類、いろは順に配列して問答体で語源を説明したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みょうごき【名語記】
語源辞書。経尊著。初稿六巻本は1268年、増補の一〇巻本は75年成立。主に鎌倉時代の口語を第二音節までイロハ順に配列し、片仮名漢字まじり文の問答体で語源の説明を記したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょうごき ミャウゴキ【名語記】
鎌倉時代の辞書。全一〇巻。経尊著。初稿六巻本は文永五年(一二六八)成立。増補十巻本が、建治元年(一二七五)北条実時に献上された。現存本は著者自筆本で、巻一を欠く。「名」はほぼ体言を意味し、「語」は用言などを意味する。当時の通用語を音節数によって分類したものをさらにいろは順に配列し、問答体で語源説明を加えたもの。多くは延約、相通仮名反しをもってし、独断も多いが、品詞分類の萌芽も見え、類書の先駆をなす。旧金沢文庫蔵の捺印があり、国重要文化財。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名語記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名語記の関連情報

他サービスで検索

「名語記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.