Rakuten infoseek

辞書

名詞【めいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名詞
めいし
noun
品詞の一つ。意味のうえから,事物の名称を表わしたり,状態,性質,存在などの概念を表わしたりする単語と定義される。「虎」のように類概念を表わすものを普通名詞,「加藤清正」のように個体名を表わすものを固有名詞,これらの具象名詞に対して「勇気」のように抽象概念を表わすものを抽象名詞と,意味のうえで分類することが多。名詞のなかに代名詞数詞を含めることもある。文の主語になる。性,数,格の範疇で語形替変する言語も多い。伝統的なラテン語の文法では,ここでいう名詞を実体詞とし,それと同様の替変をする形容詞を合せて nomenとして扱った。なお国文法で「事件が起ったことを知らなかった。」の「こと」のように実質的な意味をほとんどもたない名詞を形式名詞と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

な‐ことば【名詞】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐し【名詞】
品詞の一。国文法では、自立語活用がなく、文の主語となることができるもの。代名詞とともに体言と総称する。数詞などもこれに含まれる。意味上、固有名詞普通名詞などに分けられるが、文法上は区別する必要がないとされる。
[補説]学校文法などでは代名詞を名詞に含めることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいし【名詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なことば【名詞】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいし【名詞】
品詞の一。事物の名を表し、またそれを指し示す自立語。活用がなく、単独で主語となり得るもの。また、「の」「を」「に」などの助詞を伴って連体修飾語・連用修飾語となり、「だ」などを伴って述語にもなる。その下位区分に普通名詞・固有名詞・数詞などの類がある。代名詞とともに体言と総称される。 〔代名詞をも名詞に含める説もあり、この説では、名詞すなわち体言ということになる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

名詞
めいし
文法用語。品詞の一つ。「太郎」「学生」「本」「学校」「春」「友情」「研究」「泳ぎ」「高さ」など、事物、動作、状態などを名詞として表現でき、もっとも語数の豊富な品詞である。ドイツ語の名詞のように、性、数、格によって語尾変化のあるものは、その語形から名詞であることがわかるが、日本語ではこのようなことはない。構文論的機能としては「太郎が本を読む」のように主語、目的語になったり、「太郎は学生だ」のように述語になったりする。つまり格助詞の「が」「を」をとったり、「だ」の前にきたりするのが名詞であるということができる。そのほか「3時に図書館で会おう」のように、「に」や「で」をとって時や所を表すのも名詞である。「きのう本を3冊買った」の「きのう」や「3冊」も名詞であるが、格助詞をとらず副詞的な用法といわれる。また「文法の本」のように、「の」をとってあとにくる名詞を形容する働きもある。「働き」「勝ち」「負け」のように動詞から派生した名詞、「高さ」「長さ」「強み」「弱み」のように形容詞から派生した名詞もある。複合名詞は、「春風」「核実験」「人工衛星」「大陸間弾道弾」のように、名詞を二つまたはそれ以上組み合わせたり、「白うさぎ」「細道」「枯れ草」「川遊び」「切られ与三郎」など形容詞または動詞と組み合わせてつくった名詞である。[奥津敬一郎]

名詞の分類

名詞には種々な分類がある。普通名詞(「学生」「犬」「本」など)、固有名詞(「太郎」「東京」「富士山」など)、抽象名詞(「友情」「親切」「恐れ」など)、具象名詞(「太郎」「猫」「紙」など)、集合名詞(「家族」「国民」など)、物質名詞(「水」「空気」「鉄」など)、有生名詞(「太郎」「ねずみ」など)、無生名詞(「山」「石」「木」など)などである。「太陽」や「月」は一つしかないが、これは固有名詞か普通名詞かなど、これらの分類の定義にも問題が多いし、前述の分類のなかで、日本語ではあまり意味のないものもある。また、これらの分類はかならずしも上下分類できるものではなく、交差分類をなすものもある。たとえば、「学生」は普通名詞であり、具象名詞であり、有生名詞である。「太郎」は固有名詞という点で「学生」とは違うが、具象名詞、有生名詞という点で共通する。そこで、名詞の上下分類でなく、具象性〈+concrete〉、抽象性〈-concrete〉、有生性〈+animate〉、無生性〈-animate〉などの素性(そせい)を、それぞれの名詞につけるほうが整合的である。これらの素性は、有生名詞を主語として「犬が眠る」は自然であるが、無生の抽象名詞を主語として「考えが眠る」は、特殊な表現の場合以外には不自然であるなど、述語との共起関係で正しい文をつくるために重要な働きをしている。
 話し手の立場から自分自身を「私」「ぼく」とよび、聞き手を「あなた」「君」とよび、第三者を「彼」「彼女」「彼ら」とよぶいわゆる代名詞もあるが、日本語と英語ではその用法がかなり異なる。「これ、それ、あれ、どれ」「ここ、そこ、あそこ、どこ」など、いわゆるコソアド語も一つの体系をなす名詞群である。日本語の数量詞は、「1」「2」「3」などの数詞と、「冊」「匹(ひき)」「軒(けん)」などの助数詞とからなる点で注目される。「3匹の子豚」「子豚3匹」などの数量詞が、「昔ある所に子豚が3匹住んでいました」のように、主たる名詞から分離して使われるのも日本語の特色である。そのほか日本語文法では、「の」「こと」「もの」などの形式名詞や、「前」「後」「上」「下」「左」「右」などの相対名詞などがあげられる。[奥津敬一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐ことば【名詞】
〘名〙 「めいし(名詞)」の旧称。
※小学日本文典(1874)〈田中義廉〉二「七品詞の名目 名詞又ナコトバ ○形容詞又サマコトバ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐し【名詞】
〘名〙 品詞の一つ。事物の名を表わす自立語。国語では活用がなく、格助詞を伴うことによって各種の格に立つ。西欧語のような、性・格・数による語形変化がなく、また、固有名詞・普通名詞・集合名詞などの別は、文法上では必要がない。学説により代名詞を含め、また、代名詞とともに体言と総称する。〔百学連環(1870‐71頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名詞の関連情報

他サービスで検索

「名詞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.