Rakuten infoseek

辞書

名所【ナドコロ】

デジタル大辞泉

な‐どころ【名所】
姓名と住所。
景色・旧跡などで有名な場所。めいしょ。「桜の名所
器物などの部分の名称。「鎧(よろい)の名所」「馬の名所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐しょ【名所】
景色のよさや史跡、特有の風物などで有名な場所。「名所旧跡」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいしょ【名所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

などころ【名所】
器物・道具などの各部分の名称。 太刀の-
名のある所。名高い所。名所めいしよ紅葉の- 年比さだかならぬ-を考へ置き侍れば/奥の細道
姓名と住所。 小さんの-聞きただし/人情本・娘節用

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいしょ【名所】
景色や古跡などで有名な地。名勝。 梅の-
[句項目] 名所に見所なし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐どころ【名所】
〘名〙
① 名前と場所。姓名と住所。
※小右記‐天元五年(982)三月一一日「下官即改注名所於殿上簡」
② 物の各部分の名称。「甲冑の名所」「馬の名所」
※虎明本狂言・政頼(室町末‐近世初)「ひうち羽かざきり、ほろ羽に至るまでたかのな所、一もつのきっさうなり」
③ 名ある所。その名が多くの人に知られている場所。有名なところ。めいしょ。
※光悦本謡曲・田村(1428頃)「それ花の名ところおほしといへ共」
④ 土地の名称。字(あざな)。小名(こな)
※禁令考‐後集・第二・巻一四(1743)「質地名所并位反別無之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐しょ【名所】
〘名〙
① 景色がいいことで有名な所。景勝の地。また、歴史的な事件があったり、古歌などに詠まれたりして、昔から広く知られている土地。名勝。名跡。
※田氏家集(892頃)下・禁中瞿麦花詩三十韻「蓋此花、生大山川谷、不好家名処
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉松本の話「箕面(みのお)といふ紅葉の名所(メイショ)
② 一般に、景色がよい所。
※筑紫道記(1480)「遠近の嶋々所々の山々など、手にとるばかりにて、いづれも名所ならずといふ事なし」
③ 遊里で名代の太夫。京都・島原の遊里などで、各地の名所の名を自分の名にしていたところから生じたという。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「紋日の事なれば名所(メイショ)は一人もなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.