Rakuten infoseek

辞書

名字/苗字【ミョウジ】

デジタル大辞泉

みょう‐じ〔ミヤウ‐|メウ‐〕【名字/苗字】
家の名。姓。家名。
古代、氏(うじ)と姓(かばね)を総合した称。
同一の氏(うじ)から分かれ出て、その住む地名などにちなんで付けた名。源氏から出た新田足利(あしかが)、平氏から出た千葉・梶原の類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうじ【名字】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みょう‐じ ミャウ‥【名字・苗メウ字】
〘名〙
① 古代、氏(うじ)の名(な)。また、氏(うじ)と姓(かばね)を総合した称。個人の実名まで含めることもある。国家に対し、殊功のあった時など、「名字を加う」と称して新しい姓(せい)を天皇から授けられることがあった。賜姓(しせい)
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月庚子「内相於国、功勲已高、然猶報効未行、名字未加」
② 同一の氏(うじ)から分かれ出た家の名。祖先を同じくするとされている血縁集団の称。源氏から出た新田、足利の類。
※太平記(14C後)五「御伴の人々の中に名字さりぬべからんずる人を、一両人賜て、武家へ召渡候歟」
③ (「苗字」とも書く) 代々その一家に継承される家の名。同一の血族集団を表わす名称。その家、人の家名(かめい)
※太平記(14C後)三「近き傍(あた)りに左様の名字付たる者ありとも、未だ承り及ばず候」
④ 職業・身分などによって分けられた集団の名称。
※名語記(1275)六「馬部といへるは、左右馬寮の仕人の名字也」
⑤ 個人の実名(じつみょう)。通称に対していう。たとえば源(氏)九郎(通称)義経の義経の部分。名乗(なのり)。諱(いみな)
※中右記‐長治二年(1105)八月一三日「此間大内記申云、奉幣之時宣命之中雖公卿必書入名字、而大臣如何、官文書之中、於大臣全不名字也、伊勢勅使被大臣事全不見也」
⑥ 人の姓と名。姓名。名前。
※保元(1220頃か)上「御供の人人には、関白殿〈略〉大外記師季等也。武士の名字はしるすに及ばず」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)三「野沢政右衛門と名字(ミャウジ)を下され」 〔竇鞏‐尋道者所隠不遇〕
⑦ 事物の名称。そのものの名目。呼称。
※高野山文書‐嘉承二年(1107)正月二五日・官宣旨案「就中伊都那河両郡中、十分之八九已為庄領、僅所残一両村也。件一両村、被奉免彼寺者、当国内至于伊都那河両郡者、永可其名字歟者」
⑧ 名跡(みょうせき)
※高野山文書‐応永一二年(1405)六月浜中庄預所職置文「御寄附以来、不給主預所名字、悉皆為院内、致取沙汰之処〈略〉自今以後、如元不預所名字事」
⑨ 仏菩薩の名号。
※百座法談(1110)二月二八日「後にゆめゆめ仏法の名字をとなふる事なかれ」
⑩ 名前と字義。教えとその教義。
※今昔(1120頃か)三「我、大王に寵愛せられて仏法の名字を不聞ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名字/苗字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名字/苗字の関連情報

他サービスで検索

「名字/苗字」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.