Rakuten infoseek

辞書

名取洋之助【なとりようのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名取洋之助
なとりようのすけ
[生]1910.9.3. 東京
[没]1962.11.23. 東京
写真家,写真編集者。 1928年ドイツに渡りミュンヘン美術工芸学校に入学。 32年帰国。 33年木村伊兵衛らと日本工房を結成,翌年海外向けの広報誌『NIPPON』を創刊。 36年ベルリン・オリンピックを取材し,『ライフ』『フォーチュン』誌に日本人として初めて作品を発表。第2次世界大戦中は上海で印刷工場を経営。戦後は 50年に『岩波写真文庫』を創刊し,企画,編集,撮影に参加して以後 286冊を刊行。 56年中国を訪れ麦積山石窟を撮影 (1957刊行) ,59年から3回渡欧し『ロマネスク』ほか多数の写真集を発表した。主著に『写真の読みかた』 (63) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なとり‐ようのすけ〔‐ヤウのすけ〕【名取洋之助】
[1910~1962]写真家。東京の生まれ。昭和8年(1933)木村伊兵衛らとともに日本工房設立報道写真分野で活躍する一方、土門拳らの門弟育成した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

名取洋之助 なとり-ようのすけ
1910-1962 昭和時代の写真家。
明治43年9月3日生まれ。名取和作の次男。ドイツのミュンヘン美術工芸学校でまなぶ。昭和8年木村伊兵衛らと日本工房を設立。のち海外向けグラフ誌「NIPPON」を創刊。戦後は「週刊サンニュース」「岩波写真文庫」の企画・編集の中心となる。昭和37年11月23日死去。52歳。東京出身。慶応義塾普通部卒。写真集に「麦積山石窟(ばくせきざんせっくつ)」「ロマネスク」など,著作に「写真の読みかた」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なとりようのすけ【名取洋之助】
1910‐62(明治43‐昭和37)
写真家,編集者。日本に最初に本格的な〈報道写真〉の理念と方法を紹介した人物として知られる。実業家名取和作の三男として東京に生まれ,慶応義塾普通部卒業後,1928年に渡独,独学でカメラの操作を学び,ウルシュタイン社の契約カメラマンとなる。主としてグラフ週刊誌《ベルリーナー・イルストリールテ・ツァイトゥング》に報道写真を発表,32年,同社特派員として帰国して,そのまま日本にとどまった。34年,木村伊兵衛伊奈信男らと〈日本工房〉を設立,展覧会などで,報道写真の啓蒙にあたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なとりようのすけ【名取洋之助】
1910~1962) 写真家。東京生まれ。日本工房を木村伊兵衛らと設立、海外向け宣伝誌「 NIPPON 」を発行。戦後は多くの後進を育成。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

名取洋之助
なとりようのすけ
(1910―1962)
写真家・写真編集者。東京・高輪(たかなわ)生まれ。1930年代にルポルタージュ・フォト(報道写真)の方法論をドイツから日本へ移入・実践し、第二次世界大戦前から戦中、戦後の1950年代までにかけて数々のグラフ雑誌や写真出版物の制作にたずさわった。1928年(昭和3)、慶応義塾普通部を卒業後母とともにドイツへ渡る。ミュンヘンの美術工芸学校で商業美術を学び、30年同地の毛織物工場でテキスタイル・デザインの仕事につく。同年、工芸デザイナーのエルナ・メクレンブルクと結婚、以後第二次世界大戦中まで、仕事上でもパートナーとして行動をともにする。31年小型カメラの新機種ライカを入手、知人より写真の手ほどきを受ける。同年、妻エルナが撮影したミュンヘン市立博物館の火事場跡の写真を地元新聞に持ち込み、掲載される。以後、フォトジャーナリスト活動を始め、ドイツの大手新聞・雑誌出版社ウルシュタイン社の契約写真家となり、32年同社特派員として日本へ一時帰国。日本の文化、生活様式、自然などを取材し、3か月で7000枚の写真を撮影。それらの取材成果は「日本の宿屋」「日本の家庭生活」「着物と髪」「東京の街頭」というタイトルの組写真の形で各国の新聞・雑誌に配信された。
 1933年満州事変を従軍取材、停戦後、ヒトラー政権のドイツ国内外国人就労規制が打ち出されたため、ドイツへ戻らず日本に活動の本拠を移す。同年、「報道写真」という新しい理念の実践を目ざし、写真家の木村伊兵衛、プランナーの岡田桑三(そうぞう)(1903―83)、写真評論家の伊奈信男、グラフィック・デザイナーの原弘(ひろむ)と日本工房(第一次)を設立。翌年、新たにグラフィック・デザイナー山名文夫(あやお)(1897―1980)らの協力を得て第二次日本工房を創設、海外向け日本文化宣伝グラフ誌『NIPPON』を創刊。同誌の編集を通じ名取は、写真を視覚伝達のための記号として機能的に使いこなす方法を追求。写真担当土門拳、藤本四八(しはち)(1911―2006)、デザイン担当亀倉雄策らのスタッフを得て、当時にあっては群を抜く洗練されたスタイルの誌面作りを展開した。1937年アメリカを取材旅行、ニュー・イングランド地方を撮影した写真が『ライフ』誌に掲載される。翌年、日中戦争下の上海(シャンハイ)で対外宣伝グラフ誌『SHANGHAI』『CANTON』の創刊にたずさわり、さらに日本工房を国際報道工芸に改組(1939)して以降、第二次世界大戦終結までおもに中国大陸で軍関係の宣伝や出版活動に従事した。
 敗戦後、日本版『ライフ』を目ざした『週刊サンニュース』の編集(1947~49)や、写真を中心とするレイアウトで1冊ごとに一つのテーマを図解していくスタイルの出版物『岩波写真文庫』の編集(1950~58)を手がける。56年(昭和31)には中国の仏教遺跡・甘粛(かんしゅく/カンスー)省天水県南東の麦積山石窟(ばくせきざんせっくつ)を撮影。59年からは4回にわたり渡欧し、ロマネスク美術の彫刻や文様を撮った。[大日方欣一]
『『麦積山石窟』(1957・岩波書店) ▽『ロマネスク 西洋美の始源』(1962・慶友社) ▽『人間動物文様――ロマネスク美術とその周辺』(1963・慶友社) ▽『アメリカ1937――名取洋之助写真集』(1992・講談社) ▽『写真の読みかた』(岩波新書) ▽Grosses Japan (1937, Karl Specht, Berlin) ▽中西昭雄著『名取洋之助の時代』(1981・朝日新聞社) ▽三神真彦著『わがままいっぱい名取洋之助』(1988・筑摩書房) ▽石川保昌著『報道写真の青春時代――名取洋之助と仲間たち』(1991・講談社) ▽『日本の写真家18 名取洋之助』(1998・岩波書店) ▽「名取洋之助の仕事=大日本」(カタログ。1978・西武美術館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なとり‐ようのすけ【名取洋之助】
写真家。東京出身。慶応義塾普通部卒。日本に初めて報道写真の理念・方法を導入。写真集に「麦積山石窟」「ロマネスク」など。明治四三~昭和三七年(一九一〇‐六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名取洋之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名取洋之助の関連情報

関連キーワード

新藤兼人森一生新聞小説[各個指定]芸能部門トリュフォーコーマン川島雄三フレーブニコフポーリング[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「名取洋之助」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.