Rakuten infoseek

辞書

名代【なしろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名代
なしろ
大化改新前の天皇,皇后,皇子の名をつけた皇室の私有民。5~6世紀に,多く東国に設置されたものらしい。下総の孔王部 (あなほべ) などがその一例である。このほかに,藤原部,蝮 (たじひ) 部,白髪部などがみられる。地方の村落が,そのまま名代となったものが多く,それぞれの首長によって統率され,その首長は,中央の伴造 (とものみやつこ) によって管理されていた。このほかに,檜前 (ひのくま) 舎人部,白髪靫負 (ゆげい) 部などのように,国造などの一族のものが上番して,宮廷の警備などにあたる者もあった。このような名代の民は,大化改新以後は公民に編成された。 (→子代 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

な‐しろ【名代】
大化の改新以前の皇族の私有部民(べみん)。諸国の国造(くにのみやつこ)の民から割いて設け、皇族名を付した。子代(こしろ)とともに皇族の経済源となった。御名代(みなしろ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な‐だい【名代】
[名・形動]
名前を知られていること。評判の高いこと。また、そのさま。「名代の色事師」
「竜閑橋(りゅうかんばし)や、―な橋だがね」〈漱石草枕
名目として掲げる名前。名義。名目(めいもく)。
「加賀一疋、旦那の―で買ひがかる」〈浄・曽根崎
江戸時代、歌舞伎操り芝居などの興行で、奉行所から許可を得た興行権名義人。江戸では座元と一致したので使われず、上方で用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう‐だい〔ミヤウ‐〕【名代】
ある人の代わりを務めること。また、その人。代理。「父の名代として出席する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なだい【名代】
江戸時代,歌舞伎,人形浄瑠璃などの興行権を所有した名義人。主(やぐらぬし)ともいう。これらの興行では,その創始期に公儀へ願い出て許可を得た者の名義が登録され,以後この名義で櫓を上げ興行することができた。京では1669年(寛文9)に都万太夫,早蜘長吉,亀屋粂之丞ら7人が,また大坂では1652年(承応1)に藍屋九郎右衛門,大坂太左衛門,松本名左衛門らに櫓が許され,〈名代〉となったと伝えられる。江戸では〈座元(ざもと)〉と呼ばれ世襲されたが,京坂では名代の売買譲渡が行われたため,たとえば,名代は大和屋甚兵衛であっても,実際は別人が興行権を継承している場合が多くあり,この継承者を〈名代主〉と称して名代とは区別した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みょうだい【名代】
本来〈名代〉は代人あるいは現代法律用語にいう代理人という意味であった。例えば《吾妻鏡》巻二,養和1年(1181)閏2月28日条に,〈宗政は朝政の名代として,一族および今度合力の輩を相率いて,鎌倉に参上す〉とある。また《双林寺伝記》に,〈此節憲景は脳病により嫡子孫九郎憲春を名代として,小田原において武功を尽す〉,また,《公方両将記》上に,〈国々ノ大名高家,皆使者ヲ以テ名代トシ云々〉とある。 次に,中世の史料では家督を指して〈名代〉と呼び,家督相続を〈名代相続〉とも呼んでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なしろ【名代】
大化前代、大和朝廷に服属した地方首長の領有民の一部を割いて、朝廷の経済的基盤として設定した部。天皇・后妃・皇子などの王名や宮号をにない、その生活の資養にあてられた。子代こしろとの区別は明らかではないが、子代は后妃の皇子・王子の資養にあてられた部民と考えられている。御名代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なだい【名代】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
評判が高いこと。名高いこと。また、そのさま。 「当地-の銘菓」 「竜閑橋や、-な橋だかね/草枕 漱石
名目。名義。 「わが-にして家を求めても/浮世草子・織留 2
江戸時代、歌舞伎・操り芝居などの興行師で、奉行所から許可を得て登録された者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょうだい【名代】
ある人の代わりをつとめること。また、その人。 「父の-で会合に出る」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐しろ【名代】
〘名〙 令制前の王族の私有民。諸国の国造の民を割きとり、これに宮号を冠して名代の民として、宮へ貢納・上番した。白髪部・小泊瀬部・蝮部(たじひべ)など。→みなしろ(御名代)。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な‐だい【名代】
〘名〙
① 標示する名。名目としてかかげる名。名義。
浮世草子・色里三所世帯(1688)中「大坂に世帯持といふは太鞁を名(ナ)代にして内証は我まましてのたのしみ」
② (形動) 名に伴う評判。また、名高いことやそのさま。著名。高名。なうて。そうした品物や店をもいう。
※浮世草子・好色二代男(1684)八「男も名代(ナダイ)の者は、たとへ恋はすがるとてもせぬ事ぞかし」
江戸時代の興行で、奉行所から許可を得た興行権の所有者。江戸では、劇場主・興行責任者と一致したのでこの名称は用いられず、京坂地方でもっぱら使われた。
※談義本・根無草(1763‐69)前「太夫元の名代もつぶれける」
④ 江戸時代、大坂で、各藩の蔵屋敷の名義上の持ち主をいう。当時は、松山・津の両藩のほかは、大坂三郷内に屋敷を持つことが許可されていなかったので、商人から借家をして蔵屋敷とし、蔵役人を置いた。その蔵役人を代表する名義人を名代といった。
※御触帳‐宝暦五年(1755)一二月二三日「名代用聞廻船并荷物所持之者、名前書付可指出之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう‐だい ミャウ‥【名代】
〘名〙
① 人の代わりに立つこと。代理を務めること。また、その人。身がわり。代人。
※中右記‐長治二年(1105)八月一三日「昔天平十年五月辛卯、右大臣正三位橘宿禰諸兄、神祇伯従四位下中臣朝臣名代」
※虎明本狂言・乳切木(室町末‐近世初)「身共がみゃうだいに、わごりょがいてはたひてくれさしめ」
※上杉家文書‐永正一七年(1520)一〇月九日・毛利広春置文案「それかし一世の後は、五人の者共たんがうせしめ、おうゑのきをもんて、みゃうたいをたてべく候」
③ 後見人。うしろみ。
※足利季世記(1487‐1569頃)勝軍地蔵軍記「長教の子息いまだ幼稚なればとて安見美作守を遊佐名代に河内守護代に定めらるる」
④ 江戸吉原で、女郎に二人以上の客が重なった時、一方の客に新造が代理で出ること。また、その新造。
※雑俳・口よせ草(1736)「名代を口説き落せば敵の声」
※夢の女(1903)〈永井荷風〉一〇「軈て下座敷の名代を廻って、再び裏梯子を上って来ると」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名代の関連情報

他サービスで検索

「名代」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.