Rakuten infoseek

辞書

名主【なぬし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

名主
なぬし
江戸時代の村役人町役人郷村では村落の長として村政統轄組頭百姓代と合せて村方三役と呼ばれ,郡奉行代官支配を受けた。主の呼称は主として関東で行われ,関西では庄屋と称した。初期には土豪的農民の世襲が多かったが,中期以降は一代限りとなり,惣百姓の入札,推薦によることが多くなった。ほかに町方町奉行の支配を受けて町政を担当する町名主牢名主などがあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名主
みょうしゅ
平安時代中期から鎌倉~室町時代における名田 (みょうでん) の所有者。名田とは国衙 (こくが) 領荘園とを問わず,田地の所有者が自己の名を田地に付してその占有権を明確にした田をいう。名主の性格は時期や地域その他の事情によってかなり異なる。「名主」の語は 11世紀なかば頃から古文書に現れ,平安時代前期には田堵 (たと) と呼ばれる農民が年貢公事 (くじ) の負担者の中心となっていたが,田堵に次いで現れたのが名主であった。武士荘官層も名田の所有者としては名主である。名主は家長として家族や所従下人を駆使して農業経営にあたった。時代が下ると収益権だけの名主職 (しき) も生じた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

な‐ぬし【名主】
みょうしゅ(名主)
江戸時代、地方(じかた)三役の一。領主の下で村政を担当した村の長。主として関東での呼称で、関西では庄屋、東北では肝煎(きもいり)と称した。
江戸時代、町役人の一。町奉行の支配のもと、町年寄の下で町政を担当した職。町名主。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう‐しゅ〔ミヤウ‐〕【名主】
平安後期から中世にかけての名田(みょうでん)所有者。領主に対して年貢・夫役(ぶやく)などの負担の義務を負う一方、家族・所従・下人などに名田を耕作させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐しゅ【名主】
すぐれた君主名君

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なぬし【名主】
近世における村の長。名主のほかに庄屋,肝煎(きもいり)等の称があり,一般的には東国では名主,西国では庄屋が多い。いずれも中世からの伝統を引く語で,名主は中世の名主(みようしゆ),庄屋は荘(庄)園の屋敷からきた語とされている。 近世初期の名主は,身分は百姓であったが,中世末以来の在地有力者が多く,戦国大名の家臣だった者も少なくない。したがって初期の名主は村民に対してかって気ままな振舞いをすることがあり,初期村方騒動の中には,名主の年貢・村入用不正や村民に対する私的夫役(ぶやく)を原因としたものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みょうしゅ【名主】
中世の荘園公領の耕地を分割した名田(みようでん)()を占有し,それを単位として課せられる年貢・公事(くじ)等の納入責任を負った農業経営者をいう。律令制下では戸籍計帳に編成された〈戸〉が支配と収取の単位であったが,班田制と籍帳支配が崩壊すると,代わって〈名(みよう)〉があらわれ,平安時代の10世紀以降は,国衙の支配する公田を分割して請け負う大小田堵(たと)が公民となり,〈負名(ふみよう)〉と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なぬし【名主】
江戸時代の村方三役の一。村の長で村政の中心であった。土豪その他の有力者が代官に任命され世襲が普通であったが、享保(1716~1736)頃より一代限りとなったり、入れ札ふだで選ぶこともあった。関西では主に庄屋、東北では肝煎きもいりといった。また、町にも町名主がおり町政を担当した。 → みょうしゅ(名主)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょうしゅ【名主】
名田の保有者、もしくは名田に賦課される年貢・公事の納入責任を負う者。荘園・国衙こくが領の末端に位置する有力農民として、家族・所従(下人)を使役しつつ農業経営を行なった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいしゅ【名主】
すぐれた君主。名君。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

な‐ぬし【名主】
〘名〙
江戸時代、村方三役の頭(かしら)。庄屋・肝煎(きもいり)ともいう。村政一般をつかさどる村の長。一村の代表者であると同時に、領主の末端行政を担当し、政令の伝達、年貢・諸役の賦課徴収、戸口の管理、農業技術の指導などに当たった。なのし。
※浮世草子・懐硯(1687)四「名主(ナヌシ)にことわり、代官穿義して検師きたりて」
③ 江戸時代、江戸の各町にあり、町年寄の支配を受け、町政一般を行なったもの。町名主。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「訴訟のことは菊の花咲〈正友〉 我宿の組中名ぬし罷出〈一朝〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みょう‐しゅ ミャウ‥【名主】
〘名〙
① 平安後期から中世にかけて存在した名田(みょうでん)の所有者。性格は時期、地域により異なる。畿内では荘園領主の支配下で一~二町の名田を耕作し、租税を納める農民をいう。地方では十町以上、数十町の名田を経営する大名主もあり、ここから武士団が育った。名頭(みょうとう)
※源平盛衰記(14C前)四二「所の名主(ミャウシュ)、百姓が集りて」
② 商人・職人の座などの組織を、一種の給分として任せられている者。また、その地位。
※三箇院家抄(1469頃)一「商人名主〈大乗院方〉〈略〉一 すたれの座 御後見」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐しゅ【名主】
〘名〙 すぐれた主君。名高い主君。名君。
※日本書紀桃源抄(15C後)「中古以来、后酉醐天王ほどの名主は御座ないぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

名主の関連情報

他サービスで検索

「名主」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.