Rakuten infoseek

辞書

【ドウ】

デジタル大辞泉

どう【同】
おなじであること。等しいこと。「タイム」
前に挙げた語句を受けて、「この」または「その」の意で用いる語。「昨夜8時ころ出火したが、時刻には外出中であった」
前と同じ語を2回以上繰り返す代わりに用いる語。おなじく。「昭和42年入学、45年卒業」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう【同】[漢字項目]
[音]ドウ(慣) [訓]おなじ
学習漢字]2年
おなじ。「同一同音同時同然同等同様異同混同
ともにする。いっしょに。「同居同乗同情同封同盟共同協同帯同
集まる。仲間になる。「一同会同合同大同団結
他人と考えや調子を合わせる。「賛同雷同
当の。その。「同校」
[補説]「仝」は俗字。
[名のり]あつ・あつむ・とも・のぶ・ひとし
[難読]同胞(はらから)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どう【同】
前に出た語句を繰り返し書く代わりに用いる語。 昭和六〇年入学、-六三年卒業
前に述べた語句を受けて、連体詞的に「その…」の意を表すのに用いる。 -提案 -論文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おなじ【同】
(「おなし」とも)
[1] 〘形動〙 (形容詞「おなじ」の語幹に「だ」が付いて形容動詞になったもの。「おなじな」は「同じなのだ」のような場合に用いて、体言に続く時には語幹「おなじ」が用いられる) =おなじ(同)〔形〕
※法華経玄賛平安中期点(950頃)「正に(ここ)と同(おなシ)なり」
※九月十四日の朝(1902)〈正岡子規〉「足の動かぬ事は前日と同じであるが」
[2] 〘〙 (仮定の「なら」と呼応して用いられる。古くは「を」を伴って同様のを表わす場合がある) どうせ。どっちみち。
今昔(1120頃か)二六「後(のち)の亡(ほろ)びも不苦(くるしからず)。同じ无(な)く成らむを、此(かく)て止(やみ)なむ」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「おなじ言ふのならお勢の居ない時だ」
[補注]形容詞シク活用「同じ」と形容動詞「同じ」は、体言に続く時の語形が同一であり、その時は用例文によって品詞を区別しがたい。この辞典では「同じ+体言」の用例は、便宜上すべて形容詞「同じ」のに収めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おなじ【同】
〘形シク〙 (「おなし」とも。体言に続くときには、「おなじ」と「おなじき」の二つの活用形が用いられた)
① 一つのものが(時間の経過や状況の違いにもかかわらず)不変である。変わらない。同一である。
※万葉(8C後)一八・四〇七三「月見れば於奈自(オナジ)国なり山こそば君があたりを隔てたりけれ」
※万葉(8C後)一八・四〇七六「あしひきの山は無くもが月見れば於奈自伎(オナジキ)里を心隔てつ」
② 二つ以上の物事が共通性を持っている。二つ以上のものの動作、状態、程度などに違いがない。共通の様相、状況を呈する。同様である。
※万葉(8C後)一五・三七七三「君がむた行かましものを於奈自(オナジ)こと後れて居れどよき事もなし」
※風姿花伝(1400‐02頃)五「久しく花のなからんは、いづれの風体をも知らぬにおなじかるべし」
③ (特に連体形で用いて) 文脈上先行する特定の部分を指示する。前述の語を繰り返す代わりに用いる。
※今昔(1120頃か)九「貞観七年と云ふ年、索胄、忽に死ぬ。同じき八年の八月にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おなじ・い【同】
〘形口〙 (シク活用形容詞「おなじ(同)」の口語化したもの。現在はあまり用いられず、形容動詞「同じ」が多く使われる) 同一である。同様である。
※両足院本周易抄(1477)「陰は次第に消していくぞ。乾のの徳と同しいぞ」
※赤い船(1910)〈小川未明〉海の少年「自分と同(オナ)じい年頃の十二三歳の子供が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おなじく【同】
〘接続〙 (形容詞「おなじ」の連用形から転じたもの) 先行の事柄に、後行の事柄が並列的に付加されることを示す。また、同一の内容、種類のものを列挙する時、くり返しを避けて用いる。並びに。および。
※曾我物語(南北朝頃)八「朝比奈三郎義秀、同く彦太郎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おやじ【同】
〘形シク〙 =おなじ(同)〔形〕
書紀(720)天智一〇年正月・歌謡「橘は 己が枝枝 生(な)れれども 玉に貫(ぬ)く時 於野児(オヤジ)緒に貫く」
※地蔵十輪経元慶七年点(883)四「種種に駆使せむこと諸の僕庶に同(オヤジ)くせむ」
[語誌]用例のほとんどが上代に偏る。オナジの第二音節が子音交替したものと見る説、オナジは「オノ(己)+形容詞化接尾語ジ」であり、オヤジは、「オヤ(祖)+ジ」であると見る説等がある。→「おなじ(同)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんなじ【同】
(「おんなし」とも。「おなじ」の変化した語)
[1] 〘形動〙 =おなじ(同)〔形動〕
※咄本・喜美賀楽寿(1777)四万六千日「『ハテナ。そりゃあそれでよし。四万六千日たあな』『ハテ、それもおんなし事さ』」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「このがきゃア、おんなじよふにほへらア」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こと【同】
〘副〙 同じ…するなら。どうせ…するのなら。ある個別的な実現のし方をする動作を、それとは異なった実現のし方を仮想して対比し、いずれも動作としては同じであるとみなしつつ、そうした異なる実現のし方もあろうに、と考える時の、同じとみなす気持を表わす。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「花妙(はなぐは)し 桜の愛で 許等(コト)愛でば 早くは愛でず 我が愛づる子ら」
[語誌](1)奈良時代の例は、すべて、「こと愛(め)でば」「こと降らば」「こと放(さ)けば」のように、動詞の未然形に接し、全体で仮定表現を構成するもの。
(2)平安時代以降、「ことならば」がほとんどで、「ことは」の例も若干見える。意味については、古来諸説があるが、「如(ごと)し」の「ごと」と同源で、「同じ…するのなら」の意を表わすとするのが適切か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう・じる【同】
〘自ザ上一〙 (サ変動詞「どうずる(同)」の上一段化したもの) =どうずる(同)
の物語(1934)〈榊山潤〉「草田さん自身その非難に同じるものがあって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐・ず【同】
〘自サ変〙 ⇒どうずる(同)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐・ずる【同】
〘自サ変〙 どう・ず 〘自サ変〙 同意する。賛成する。くみする。調子をあわせる。どうじる。
※落窪(10C後)二「君は更にどうじ給ふべきにもあらず」
※仮名草子・浮世物語(1665頃)四「あしき道にはおぼれやすく同(ドウ)じやすし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.