Rakuten infoseek

辞書

同行【どうぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

同行
どうぎょう
心を同じくして仏道を行じる伴侶の禅宗では「どうあん」という。浄土真宗ではその信徒をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【同行】
連れ立って行くこと。また、その人。どうこう。
連れ立って神仏に参詣する人々。
心を同じくしてともに仏道を修める人々。真宗ではその信者をいう。禅宗では「どうあん」という。
文章などの同じ行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐こう〔‐カウ〕【同行】
[名](スル)一緒に連れ立って行くこと。主たる人に付き従って行くこと。また、その人。同道。「警察へ同行を求める」「社長に同行する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうぎょう【同行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうあん【同行】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうぎょう【同行】
スル
ぎょうは呉音
数人の者がともに行くこと。また、その人。どうこう。 一日、一媼一僧に逢ひ街上を-す/花柳春話 純一郎
連れ立って社寺に参詣すること。また、その人々。巡礼者の道連れ。講中。
信仰を同じくして仏道を修行する人々。浄土真宗ではその信者をいう。禅宗では「どうあん」と読む。
文などの同じ行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうこう【同行】
スル
一緒に連れ立って行くこと。また、その人。 警察へ-するどうぎょう同行

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐あん【同行】
〘名〙 仏語。禅宗で、一緒に修行遍歴する者のこと。〔楊岐方会和尚語録〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐ぎょう ‥ギャウ【同行】
〘名〙 (「ぎょう」は「行」の呉音)
① 志(こころざし)を同じくする人々。
(イ) 信仰・修行を同じくする仲間。同じ道の修行者。特に、浄土真宗の信者をいい、禅宗では「どうあん」という。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「弟子同行などおほく」 〔摩訶止観‐四・下〕
(ロ) つれだって神仏に参詣する人々。巡礼の仲間。
※虎明本狂言・蜘蛛(室町末‐近世初)「都方より出たる順礼にて候、此度思ひ立、同行あまた友なひ」
(ハ) 町内の者が集まって行なう講の仲間。また、念仏講の仲間。
※浮世草子・世間娘容気(1717)六「鐘懸といふ岩壁になって、同行(ドウギャウ)皆信をとってのぼる中に」
② ともにつれだって行くこと。いっしょに行くこと。また、その人。みちづれ。同伴。同行者。どうこう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 文章または五十音図などの同じ行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐こう ‥カウ【同行】
〘名〙
① (━する) つれだって行くこと。また、その人。同行者。どうぎょう。
※御湯殿上日記‐明応二年(1493)七月一九日「宮の御方ふしみへ御くたり、庭田よく御とうかうのため御あとにまいらせらるる」
※新聞雑誌‐二〇号・明治四年(1871)一一月「今海外に赴く者妻女或は姉妹を挈(ひっさげ)て同行する固り可なる事にて」 〔韓愈‐送霊師詩〕
② 同じ銀行。また、前に述べたその銀行。
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一六「小石川、白金、千住等の各支店には、新しい預金者さへあって、同行支配人が驚いてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.