Rakuten infoseek

辞書

同意【ドウイ】

デジタル大辞泉

どう‐い【同意】
[名](スル)
他人の意見などに対して、賛成すること。「同意を得る」「提案に同意する」
同じ意見。同じ考え。「同意の士を募る」
同じ意味。同義

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どうい【同意】
スル
同じ意味。同義。 -の語
相手と同じ意見・考え。また、同じ考えであることを意思表示すること。 相手の考えに-する
他の者の行為について賛成ないし是認の意思表示をすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

同意
どうい
他人の行為に対する認許ないし肯認の意思を示すことをいう。法律は、しばしば、行為の単独の行為では完全な法律効果を生ぜしめず、それを補う他人の意思を要求する場合がある。これを同意といい、民法上に多い。たとえば、未成年者、被保佐人、被補助人のような制限行為能力者が財産的法律行為をする場合には、原則としてあるいは一定の範囲で、法定代理人(未成年者の場合、民法5条1項)、保佐人(被保佐人の場合、同法13条1項)あるいは補助人(被補助人の場合、同法17条1項)の同意が必要であり、同意のない行為は取り消すことができる(同法5条2項・13条4項・17条4項)。また、未成年の子が婚姻をするには、父母の同意が必要とされる(同法737条1項)。そのほか、商法や民事訴訟法上、同意を必要とする場合が多数みられる。[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐い【同意】
〘名〙
① (━する) 他人の示した意見と同じ意見をもっているということを言動で示すこと。また、他の意見に賛成するという意思。
※康頼宝物集(1179頃)下「人の殺にも同意せす。人にも教て殺させぬ也」
※平治(1220頃か)上「一族みな朝恩をかうぶり、うらみ有るまじければ、よも同意せじとおもひとどまる」 〔史記‐楽書〕
② 法律で、他人の行為に賛成ないし肯認の意思表示をすること。
※民法(明治二九年)(1896)四条「未成年者か法律行為を為すには其法定代理人の同意を得ることを要す」
③ 同じ意味であること。同義。また、連歌などで同じ意をもつ語、同じこころで付句をすること。
※拾玉得花(1428)「是は安心也、ただ無心の感、妙花、同意(ドウイ)也」 〔説文通訓定声‐乾部〕
④ (形動) 同一であるさま。同様。同然。
※甲陽軍鑑(17C初)品一三「小袖色々を著して各寄合時、みては面々様々なれども、其寒きを防事は同意(ドウイ)也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同意」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同意の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.