Rakuten infoseek

辞書

同化作用【ドウカサヨウ】

デジタル大辞泉

どうか‐さよう〔ドウクワ‐〕【同化作用】
マグマ周囲岩石を取り込んだり、周囲の岩石と反応したりして、組成の異なるマグマになる作用。
同化3」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

同化作用
貫入体を包む壁からの物質が溶液に吸収されるか,または侵入したマグマに熔融される過程.この作用は接触したその場所付近で行なわれるか,深い位置で貫入岩体の頂上部から塊や破片がマグマを通って沈みながら行なわれる[Kjerulf : 1879, Michel-Levy : 1893].同化作用は外部の固体物質がマグマに取り込まれて消化されることで,昔は同化作用が火成岩に広く見られると信じられていた[Daly : 1933].マグマと周囲の壁を構成する岩石とは常に熱的および化学組成的に相互関係があり,著しい反応の結果として同化作用が考えられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうかさよう【同化作用 anabolism】
生物が外界から摂取した各種の物質を素材として,自己に必要な生体内物質を合成する活動を指す。単に同化ともいう。異化作用(catabolism,dissimilation)はその逆に生体物質を分解する活動をいう。同化作用と異化作用は新陳代謝の二大局面であり,通常,前者は吸エルゴン性でATPエネルギー源として要求し,後者は発エルゴン性でATPの産生に役だつ。外界の素材として利用される物質は,生物の種類と栄養要求性の違いによって種々さまざまである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どうかさよう【同化作用】
同化に同じ。
同化に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうか‐さよう ドウクヮ‥【同化作用】
〘名〙
① マグマが周囲の岩石を溶かしてマグマ中に取り入れること。また、周囲の岩石と化学反応して成分が変化すること。同化。
② 生物体の物質代謝のうち、体内の基物質の化学的な複雑性を増加させる作用。エネルギー源として体外から取り入れた物質に化学変化を加えたのち、生物の生活に必要な化学構造物に作りかえること。また、緑色植物の光合成のように無機物である水と二酸化炭素から、有機物を合成することもいう。同化。⇔異化作用①。〔生物学語彙(1884)〕
③ 単語中のある音が、隣接(まれには中間に一つ以上の音が介在)する他の音との接触により受ける音の変化の一種。同化。⇔異化作用②。
④ 同化①の働き。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉お狐様崇拝者「此の頑固の戒律に富(とみ)たる、同化作用(ドウクヮサヨウ)に乏しき宗教が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同化作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同化作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.