Rakuten infoseek

辞書

同位体希釈法【ドウイタイキシャクホウ】

化学辞典 第2版

同位体希釈法
ドウイタイキシャクホウ
isotope dilution method

一般には,放射分析の一方法として知られている.希釈法と逆希釈法の2種類がある.分析対象試料中のある元素定量を行うために,その元素の比放射能既知な一定量の放射性同位体を加え,その元素を化学分離したのち,比放射能の変化から試料中に最初に存在した元素量を知る方法を,希釈法または希釈分析法とよぶ.逆に,比放射能既知で全量未知の元素の定量に,一定量の非放射性同位体を加えて離して,比放射能の変化から,最初に存在した放射性元素の定量を行う方式を,逆希釈法または逆希釈分析法とよぶ.また,自然における各元素の同位体存在度が一定であることを利用して,特定の質量数の同位体を濃縮したもの(安定濃縮同位体,enriched isotope)を試料に加え,質量分析,そのほかの手段で同位体存在度の変化を測定して,その元素の定量を行う方式もあり,これをも含めて同位体希釈法とよばれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同位体希釈法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同位体希釈法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.