Rakuten infoseek

辞書

同人【ドウジン】

デジタル大辞泉

どう‐じん【同人】
同じ目的や趣味を持っている人。同好の人。どうにん。「同人を募る」
どうにん(同人)1」に同じ。
[補説]書名別項→同人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐にん【同人】
同一の人。また、前に述べた、その人。どうじん。
どうじん(同人)1」に同じ。
「あの山口と―で矢張り踏外し連の一人」〈二葉亭浮雲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうじん【同人】[書名]
日本の俳誌。大正9年(1920)、青木月斗が主宰して創刊。昭和19年(1944)、戦時下の俳誌統合の影響により廃刊。昭和21年(1946)復刊。月斗の没後菅裸馬菅礼之助)が主宰を引き継いだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どうじん【同人】
どうにん(同人)に同じ。
どうにん(同人)に同じ。
志・好みを同じくする人。同好の士。仲間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうにん【同人】
どうじんとも
[0] 同じ人。
[1] (前に述べた)その人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐じん【同人】
〘名〙
① 同じ人。どうにん。
② 当の人。前に述べたその人。どうにん。
③ 同じの人。同好の人。なかま。どうにん。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)六・上巳渉大猪水作懐伊勢藤子文「同人建議賖酒肴、相慶兼亦作三巳
④ 同門の人。
※俳諧・蕪村遺稿‐跋(1900)〈高安月郊〉「雪ちる日同人東山に会して蕪村の遺墨を見る」
⑤ (同人とは会同の意) 易の六十四卦の一つ。 上卦は乾(天)、下卦は離(火・日)。天火同人ともいう。日が天にあって輝き、人々の目がこれに集まること。〔易経‐同人卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐にん【同人】
〘名〙
※観智院本三宝絵(984)下「維摩・御斎・最勝是を三会といふ。日本国の大なる会これにはすぎず。講師は同人つかうまつる。終ぬれば已講といふ」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「箕浦に面会、昔話をして新聞の事を尋ねて見れば、同人もちゃんと覚えて居て」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「第一回にチョイト噂をして置いたアノ山口と同人(ドウニン)で矢張り踏外し連の一人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

同人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.