Rakuten infoseek

辞書

【キチ】

デジタル大辞泉

きち【吉】
縁起がよいこと。めでたいこと。きつ。「か凶(きょう)かを占う」⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きち【吉】[漢字項目]
常用漢字] [音]キチ(呉) キツ(漢) [訓]よい
〈キチ〉めでたい。運がよい。「吉日(きちじつ・きちにち)吉例小吉大吉
〈キツ〉に同じ。「吉凶吉相吉兆吉報不吉
[名のり]さち・とみ・はじめ・よ・よし
[難読]吉方(えほう)吉師(きし)吉備(きび)吉左右(きっそう)吉利支丹(キリシタン)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きつ【吉】[漢字項目]
きち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きち【吉】
よいこと。めでたいこと。きつ。 ⇔ 占いは-と出た

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きち【吉】
[音] キチ ・キツ
めでたい。 キチ吉事きちじきつじ)・吉日きちじつきつじつ)・吉祥きちじようきつしよう)・吉瑞きちずい・吉夢きちむきつむ)・吉礼きちれいきつれい)・吉例きちれいきつれい)・小吉・大吉 キツ吉凶・吉慶・吉相・吉兆・吉報・不吉・吉左右きつそう 「𠮷」は異体字

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きち【吉】
〘名〙
① =きつ(吉)①⇔。〔文明本節用集(室町中)〕
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「凶は吉(キチ)にかへると申します」
② =きつ(吉)
③ 役者評判記などに用いる役者の位付けの一つ。上上と上上吉との間に、「吉」の字を白抜きにした「白吉」、「吉」の字の上半部だけの「士」など数種の位付けを設けて細別する。吉の字。
※雑俳・類字折句集(1762)「吉が黒ろなると天窓が白ふ成り」
④ (「きちまい(吉米)」の略) よい米。上米。良米。
※長宗我部氏掟書(1596)五五条「吉地に太を於作者、貢物者、吉を可取上事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きつ【吉】
〘名〙
① よいこと。めでたいこと。きち。⇔
※権記‐正暦四年(993)正月二八日「大饗日四位勧盃者、或不次酌、或取之、取説吉也」 〔和玉篇(15C後)〕
② めでたい時の衣服。吉服。きち。
※栄花(1028‐92頃)根合「女房などは吉につきて候ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.