Rakuten infoseek

辞書

吉田秀和【よしだひでかず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉田秀和
よしだひでかず
[生]1913.9.23. 東京,東京
[没]2012.5.22. 神奈川,鎌倉
音楽評論家。旧制成城高等学校在学中にドイツ語教師阿部六郎のもとで中原中也と知り合う。また吉田一穂やのちに小林秀雄などとも交流をもつ。東京帝国大学仏文科に進み,卒業後は内務省の嘱託,第2次世界大戦中は情報局に所属した。1942年にローベルト・A.シューマンの『音楽と音楽家』を翻訳し,戦後は官職を辞して音楽評論家として自立する。1953年に初の評論集『主題と変奏』を刊行するが,その間,チェリストの斎藤秀雄や作曲家の柴田南雄とともに「子供のための音楽教室」を開設,のちの桐朋学園の礎石を築く(→桐朋学園大学)。1953年より約 1年欧米を回り,多くの作曲家や演奏家の生の姿にふれて交流を広げる。1957年には日本の前衛作曲家たちが大同団結した二十世紀音楽研究所の創設にかかわり所長となる。1988年に水戸芸術館館長に就任。『藝術新潮』『音楽芸術』といった雑誌上で健筆をふるい,また『読売新聞』から『朝日新聞』に演奏会批評などの場を移したあとは,幅広い読者をもつようになった。生前に全集も刊行され,日本に音楽批評を定着させた業績によって 1996年文化功労者に選ばれ,2006年に文化勲章を受章した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よしだ‐ひでかず【吉田秀和】
[1913~2012]音楽評論家・随筆家。東京の生まれ。内務省文部省などを経て音楽評論家に。ラジオパーソナリティーや音楽教育にも力を注ぎ、小沢征爾らを育てた。昭和50年(1975)評論集「吉田秀和全集」で大仏次郎(おさらぎじろう)賞を受賞。平成18年(2006)に文化勲章

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吉田秀和 よしだ-ひでかず
1913-2012 昭和後期-平成時代の音楽評論家。
大正2年9月23日生まれ。昭和21年「モーツァルト」の評論で注目をあつめる。23年斎藤秀雄らと桐朋学園大音楽学部の母体となる「子供のための音楽教室」を設立,32年「二十世紀音楽研究所」を設立するなど実践的な活動もおこなう。日本の音楽評論の水準をたかめ,また美術・文明批評でも知られる。50年「吉田秀和全集」で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成2年水戸芸術館初代館長。8年文化功労者。18年文化勲章。平成24年5月22日死去。98歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「二十世紀の音楽」「音楽紀行」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

吉田秀和
音楽評論家、随筆家。1913年9月23日生まれ。日本の音楽評論の先駆者であり第一人者。文学や美術などにも深い造詣を示した。48年、「子供のための音楽教室」を開設、初代室長となる(一期生に世界的音楽家の小澤征爾、中村紘子らがいる)。75年、日本の音楽評論家として初の個人全集を刊行し、同年の大佛次郎賞を受賞(2004年までに全24巻が発行される)。82年、紫綬褒章受章。96年、文化功労者となり、06年、文化勲章受章。12年5月22日、急性心不全のため死去。享年98。代表作モーツァルト」「マネの肖像」など。
(2012-07-09)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田秀和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田秀和の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネット[各個指定]芸能部門デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボールマケドニア共和国

他サービスで検索

「吉田秀和」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.