Rakuten infoseek

辞書

吉田三郎兵衛(初代)【よしだ さぶろべえ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

吉田三郎兵衛(初代) よしだ-さぶろべえ
?-1747 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代吉田文三郎の父。吉田流の。創設期から竹本座の人形頭取として活躍し,「曾根崎心中」の徳兵衛,「国性爺(こくせんや)合戦」の和藤内(わとうない)などをあやつる。人形三人遣いの基本となる片手遣いの技法を子の文三郎につたえた。延享4年3月17日死去。大坂出身。別名竹本三郎兵衛

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田三郎兵衛(初代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉田三郎兵衛(初代)の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.