Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

吉原【よしわら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

吉原
よしわら
静岡県東部,富士市の中心市街地の一部。旧市名。 1966年富士市と合体江戸時代,東海道五十三次宿場町駿河半紙産地として知られた。明治期に洋紙製造技術が導入され,製紙業発達。第2次世界大戦頃から,自動車電機金属などの工場が多く進出だるま市で有名な妙法寺 (毘沙門天) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉原
よしわら
江戸時代以来の東京の遊郭。元和3 (1617) 年牢 (浪) 人庄司甚右衛門が幕府の許可を得て,江戸市中のすべての遊女屋日本橋葺屋 (現在の中央区日本橋人形町付近) に集めて傾城 (けいせい) 町をつくった。ここはヨシの茂る埋立て地であったところから最初「葭」と称したが,のち縁起のいい「吉原」という字を用いたという。明暦3 (57) 年の大火で焼け,浅草山谷付近 (現在の台東区千束) に移転。ここは新吉原といわれた。以来大坂の新町,京都の島原と並んでにぎわいをみせ,遊里と称する特殊地帯を形成。大門口から仲町をはさんで,江戸町,揚屋町,角町,京町などが開け,周囲にはがめぐらされた。寛延3 (1750) 年揚屋がなくなり引手茶屋に代り,遊女 3000を数えたという。寛政7 (95) 年には肝煎 (きもいり) 名主6人で運営することとなった。享楽地であると同時に社交場でもあり,音曲,浮世絵,歌舞伎,文学など江戸町人文化の源泉であった。明治以降も存続したが,1956年売春防止法の成立によって解散,一部が旅館,娯楽施設街となっている。 (→岡場所 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

吉原
日本橋にあった江戸幕府の遊郭が、明暦の大火を経て1657年に浅草の北にある現在地に移った。と堀で囲まれ世間と隔絶した街で、明治以降もにぎわう。1958年の売春防止法全面施行後、性風俗産業はいったん下火になったが、トルコ風呂とも呼ばれたソープランドが急増。現在は風俗営業適正化法に基づき個室浴場の営業が認められた地域となっている。吉原という住所は存在せず、東京都台東区千束の一部に当たる。
(2007-12-03 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

よしはら【吉原】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしわら〔よしはら〕【吉原】
静岡県富士市南東部の地名。旧吉原市。江戸時代は東海道五十三次宿駅。製紙・パルプ業などが行われる。
江戸の遊郭。現在の東京都台東区浅草北部にあった。元和3年(1617)それまで市中各所に散在していた遊女屋を、幕府が日本橋葺屋町に集めて公認。当時はヨシの茂る地で葭原と書いた。明暦3年(1657)の大火で焼けたため浅草に移された。前者元吉原といい、後者を新吉原という。三谷(さんや)。仲(なか)。北里。北州。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よしわら【吉原】
江戸時代以来つづいていた東京の遊郭地。江戸幕府は集娼制(しゆうしようせい)を確立するため,1617年(元和3)3月に従来江戸市中数ヵ所に散在していた遊女屋を集めて葺屋町(現,中央区日本橋人形町付近)に傾城(けいせい)町(遊郭)をつくることを許可した。その土地は埋立地で,ヨシ(アシ)などが繁茂していたので〈葭原(よしわら)〉と呼ばれ,後に縁起のよい字にかえて〈吉原〉と称したという。ここに江戸町と京町を建設するのに約1年半を費やし,18年11月に一斉開業し,数年後に京町2丁目(新町ともいう)と角町(すみちよう)とを追加建設した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

よしわら【吉原】
駿河国(静岡県)富士郡の東海道の宿駅。鎌倉時代より見え,《春能深山路》弘安3年(1280)11月24日条に〈よしわらとて小家のあるに立ち入て〉とある。戦国時代には吉原流通拠点として発達した。1554年(天文23)の今川義元判物によれば,矢部孫三郎は吉原の道者商人問屋,渡船支配を免許され,諸役を免除された。当時,駿河国内の清水・沼津両湊と並ぶ重要な湊でもあった。1601年(慶長6)東海道の宿駅に指定された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

吉原
(静岡県富士市)
東海道五十三次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よしわら よしはら【吉原】
[一] 東京にあった遊郭。元和三年(一六一七)江戸市中に散在した遊女屋を葺屋町(ふきやちょう)(=中央区日本橋堀留付近)に集めて公許。もと葭(よし)が一面にはえていたところから、葭原と俗称されたが、後、吉原と改められた。幕府の命により、明暦三年(一六五七)の大火以後浅草山谷付近(台東区千束四丁目)に移転。これ以前を元吉原、以後を新吉原という。昭和二一年(一九四六)の公娼制度廃止後は、特殊飲食店街のかたちをとり、同三三年の売春防止法施行により消滅した。なか。北国。北里。北郭。北州。
[二] 静岡県富士市の地名。江戸時代は東海道五十三次、原と蒲原との間の宿駅として発達。江戸時代からの製紙業のほか自動車・繊維工業も盛ん。昭和二三年(一九四八)市制。同四一年富士市と合併。
[三] 大阪市北区池田町の北部にあった墓地。
※浮世草子・好色二代男(1684)四「無常野の焼場を、隔夜してまはりけるに、有時吉原(ヨシハラ)の墓より、酒のかほりふかく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

吉原
よしわら
①江戸の遊里
②静岡県東部,富士市の一地区
江戸市中に散在する遊女屋を,1617年幕府が日本橋葺屋町に集めさせたのが起源。付近が葭 (よし) の茂る原であったので「吉原」と呼んだ。明暦大火('57)後,浅草千束の新吉原に移転,江戸文化の一中心となった。
江戸時代,東海道五十三次の宿場町として発達。駿河半紙の産地。1948年市制施行,'66年富士市・鷹岡町と合併し富士市となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

吉原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.