Rakuten infoseek

辞書

合金鉄【ごうきんてつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合金鉄
ごうきんてつ
ferroalloy
フェロアロイともいう。鉄と他金属との合金製鋼用の脱酸・脱硫剤として,また合金鋼の特殊元素添加用中間合金としておもに用いられる。フェロシリコンは精製マグネシア MgOの金属還元剤 (→乾式製錬 ) にも用いられる。多くは電気炉で溶製されるが,フェロチタンのようにテルミット法でつくられるもの,スピーゲルのように高炉の特殊操業法でつくられるものもある。合金鉄ではないが,同様の用途をもつものに金属ケイ素,金属マンガン,金属クロム,金属アルミニウム,カルシウムシリコン,シリコンマンガン,シリコンクロムなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごうきん‐てつ〔ガフキン‐〕【合金鉄】
一種類以上の合金元素を多量に含む鉄。鉄鋼の脱酸や脱硫、特殊鋼への合金元素の添加に用いられる。マンガン鉄・クロム鉄など。フェロアロイ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうきんてつ【合金鉄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごうきんてつ【合金鉄】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

合金鉄
ごうきんてつ
ferro-alloy
鋼の製造の際に脱酸、あるいは成分の調整のため鉄以外の元素添加の目的で用いられる鉄合金。ある種の元素を多量に含み、合金鋼製造において純金属を用いるより安価であり、目的組成の鋼をつくるのにより容易に一定量が溶解しやすい長所をもつ。
 合金鉄の製造は、鉄および目的の元素の酸化物すなわち鉱石を混合し、還元する方法で行う。電気炉(サブマージド・アーク炉)を用い、炭素による還元法で大部分の合金鉄は製造されるが、ロータリーキルン(回転窯)を利用する方法もある。この場合、製品中に不純物として炭素が含まれる。ケイ素による還元を利用した低炭素フェロマンガン(鉄とマンガンの合金)、フェロクロム(鉄とクロムの合金)の製造もある。またアルミニウムを用いたアルミノテルミット法により、バナジウム、ニオブ、クロム、モリブデン、ホウ素などを含む不純物の少ない合金鉄の製造が行われる。この場合は外熱を供給する必要はないが、アルミニウムを用いるため、電気炉法と同様、電力を多く消費する。日本では原料鉱石を海外に依存し、電力価格が高いため、電気炉大容量化、原料事前処理、操業法など技術進歩に努力してきた。しかし、現在はフェロニッケル(鉄とニッケルの合金)を除き、鋼の生産量と対応して日本は世界屈指の合金鉄消費国、輸入国である。[井口泰孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごうきん‐てつ ガフキン‥【合金鉄】
〘名〙 「ごうきんこう(合金鋼)」の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合金鉄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合金鉄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.