Rakuten infoseek

辞書

合議制【ごうぎせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合議制
ごうぎせい
一般には2人以上の合議によって意思決定を行う制度をいい,最終権限を単独者にゆだねる独任制と対比して用いられる。合議制は行政の民主化の促進や官僚主義化の排除に役立つという利点をもつ反面,責任の不明確化,非能率などの欠点を伴いがちである。普通は独任制を原則とし,処分の公平や行政の中立性を確保する必要があるときに,合議制が採用される。人事院,公正取引委員会中央労働委員会などが合議制機関である。合議制の機関はその職権行使について独立しているのが原則である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごうぎ‐せい〔ガフギ‐〕【合議制】
合議によって物事を決定する制度。
行政機関の意思が複数の構成員の合議によって決定される制度。⇔独任制
裁判などで、複数の裁判官合議体で審判する制度。⇔単独制

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうぎせい【合議制】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごうぎせい【合議制】
合議によって事を決定する制度。
行政官庁において、意思決定機関が多人数で構成される制度。 ⇔ 独任制

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

合議制
ごうぎせい
複数の自然人によって構成される行政機関で、合議によってその意思が決定されるものをさす。行政組織は、一般に行政責任、行政能率、行政機密などを確保するために独任制の階等制によって構成されるが、行政の民主化、行政事務の慎重な処理、公正中立性などの要請にこたえ、官僚主義を打破するために、日本では第二次世界大戦後この合議制行政機関が多く設置されるようになった。合議制行政機関は、その権限の性質により、行政庁たる合議制機関(各種行政委員会)、参与機関たる合議制機関(皇室会議、検察官適格審査会、電波監理審議会など)、および諮問機関たる合議制機関(参与機関たるものを除いた各種審議会、調査会など)に分かれる。裁判手続上、裁判所を複数の裁判官をもって構成する場合も合議制といわれ、最高裁判所、高等裁判所および一定の重要事件についての地方裁判所は、合議制により審理、裁判される。[市橋克哉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごうぎ‐せい ガフギ‥【合議制】
〘名〙
① 合議によって意思を決める制度。
※報知新聞‐明治三六年(1903)六月六日「総裁専制を改めて合議制とする事を発議し」
② 行政機関の意思が複数の構成員の合議によって決定される制度。⇔単独制独任制
③ 訴訟またはこれに準じる手続きにおいて、合議によって裁断を下す制度。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合議制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合議制の関連情報

他サービスで検索

「合議制」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.