Rakuten infoseek

辞書

合物【あいもの】

防府市歴史用語集

合物
 鮮魚干物の中間のことで、塩づけの魚のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あわせ‐もの あはせ‥【合物】
〘名〙
① 二つ以上のものをいっしょにしたもの。
※詩学大成抄(1558‐70頃)九「香に合せ物にするが、蘭一種で名香のやうにはあるまいぞ」
② 副食物。おかず。あわせ。
※随筆・燕石雑志(1811)四「あはせ物をおかずといふは、数数ならべ居(すゆ)ればならん」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二二「朝夕飯(いひ)の合菜(アハセモノ)には、味噌より外に得がたかりしに」
③ 音楽を合奏すること。連弾すること。
※滑稽本・早変胸機関(1810)「お向うのお金さんとあはせものでもおしな」
④ 同種類の物を持ち寄ってその優劣を判じて、勝負を決める遊戯。物合わせ、歌合わせ、薫物(たきもの)合わせなど。ものあわせ。
⑤ 一つの器物に、数種類の料理を盛り合わせたもの。硯蓋(すずりぶた)の類。あわせもり。
※俚言集覧(1797頃)「あはせもの 今いふ硯ふた物の事」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「夏は単物を、冬は袷物を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合物の関連情報

他サービスで検索

「合物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.