Rakuten infoseek

辞書

合物座【あいものざ】

防府市歴史用語集

合物座
 中世の合物[あいもの]をあつかう商人の組合(座[ざ])です。合物とは、鮮魚と干物の中間という意味で、塩づけの魚のことです。防府の特産品が塩さばでしたから、このような名前になりました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合物座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合物座の関連情報

他サービスで検索

「合物座」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.