Rakuten infoseek

辞書

合成【ごうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

合成
ごうせい
synthesis
2つあるいは2つ以上の元素化合により新物質をつくること,または比較的簡単な化合物から化学反応により,より複雑な化合物をつくることを合成という。その反応実験室工場の化学容器の中で,生物と関係なく行われるときは,化学合成または単に合成という。これに対し,反応が生体内あるいは生体や酵素の関与によって行われるときは,生合成という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごう‐せい〔ガフ‐〕【合成】
[名](スル)
二つ以上のものが結びついて一つになること。また、二つ以上のものを合わせて一つにすること。「音声を合成する」
2種以上の元素から化合物を作ること。また、簡単な化合物から複雑な化合物を作ること。
二つ以上のベクトルを加えて一つのベクトルを得ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

合成
 単純な物質,例えば低分子化合物から複雑な物質,例えば高分子化合物を作ることを一般的に合成という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうせい【合成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごうせい【合成】
スル
二つ以上のものを合わせて、一つのものを作り出すこと。 -した写真
二つ以上の、ベクトルや波形あるいはグラフなどを加え合わせて、一つのものを得ること。
二つ以上の単体または化合物から、化学反応により別の化合物をつくること。特に、目的とする化合物を簡単な化合物からつくること。熱・光または触媒・酵素などを加えることが多い。化学合成。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごう‐じょう ガフジャウ【合成】
〘名〙 (「じょう」は「成」の呉音) =ごうせい(合成)
※浄業和讚(995‐1335)中「四辺の階道ことごとく 金銀瑠璃を合成(がふじゃう)し うへに楼閣かさなりて みなまた七宝まじへたり」 〔阿彌陀経〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう‐せい ガフ‥【合成】
〘名〙
① 二つ以上のものが結合して一つになること。また、一つに合わせること。
※続日本紀‐霊亀二年(716)五月庚寅「今故併兼数寺、合成一区
② 二つ以上の元素や化合物が化学反応によって一つの新しい物質になること。また、物質をつくること。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「二種以上の分子より、成りたるものあり、これを、合成のものといふ、水、空気、海塩、砂糖の類なり」
③ 二つ以上のベクトルを加えて、一つのベクトルを得ること。
④ 二つ以上の振動の波形を加え合わせて一つの波形にすること。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

合成
ゴウセイ
synthesis

本来は減成(degradation)に対応して,有機化合物の炭素数を増やして目的の構造を構築することを意味する.有機化学分野では,“有用な物質を,できるだけ安価な原料から,簡便な手段で合成する方法(効率がよく,選択性の高い反応や官能基の保護法など)”の研究開発に努力が払われ,新薬,新材料など種々の合成品が市販されている.複雑な構造をもつ天然有機化合物でも,多段階反応を用いれば合成可能になっており,“全合成”とよばれている.また,光化学エネルギーを利用した合成は“光合成”,酵素や生物を利用した合成は“生合成”,生体内合成機構と類似経路による合成は“バイオミメティックな合成”(biomimetic synthesis)とよばれる.無機化学分野では,従来,“製法”という言葉が使われてきたが,人造宝石(ルビー,ダイヤモンド,サファイアなど)の製造などに対して,合成という言葉が用いられるようになってきている.とくに有機合成に関しては,光学活性物質の立体特異的な不斉合成糖タンパク質複合脂質などの複雑な高分子構造をもつ物質の酵素類を用いた合成に進展していくものとみられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.