Rakuten infoseek

辞書

合成ガス【ゴウセイガス】

デジタル大辞泉

ごうせい‐ガス〔ガフセイ‐〕【合成ガス】
水素一酸化炭素とからなる工業用ガス。石油炭化水素コークスから作られ、メタノール合成や各種化学製品原料に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごうせいガス【合成ガス synthesis gas】
一酸化炭素と水素との混合ガスをいい,メタノール合成オキソ合成フィッシャー合成など,化学工業用原料として用いられる。また一酸化炭素を水蒸気と反応させて水素に変えれば,アンモニア合成,水素化脱硫その他の目的に使用できる。合成ガスは天然ガス,石油,石炭などを原料として,次のような原理と方法によって製造される。 一般に,炭化水素から酸素(アンモニア合成の場合は空気)および水蒸気を用いて高温で合成ガスが生産される化学反応は次のとおりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

合成ガス
ごうせいがす
synthesis gas
一酸化炭素と水素の混合ガスのことであるが、それを燃料として用いるのではなく、化学合成用の原料として用いる場合にとくに合成ガスという。アンモニア、メタノール(メチルアルコール)、オキソ法によるオクタノール、ブタノール、フィッシャー‐トロプシュ法による炭化水素燃料、あるいは代替天然ガスとしてのメタンの合成などに用いられる。製法は、天然ガス、液化石油ガス(LPG)、ナフサのような軽質炭化水素を、ニッケル系触媒を用いて水蒸気と反応させる水蒸気改質法がもっとも多く用いられている。そのほか、重質油と酸素を用いて1500℃以上の高温で部分酸化する方法もある。合成ガスは水蒸気と酸素による石炭のガス化によっても得られる。原料価格が製品価格に大きく影響するので、輸入原料を用いる日本の競争力は著しく低下し、1932年(昭和7)に始まった日本におけるメタノールの生産は1995年(平成7)に停止され、国内消費分は全量輸入でまかなわれている。一方、アンモニアは2008年(平成20)時点でも年間120万トン生産されている。[富田 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

合成ガス
ゴウセイガス
synthesis gas

一般に,水素と一酸化炭素よりなる混合ガスをいい,とくにメチルアルコールの合成に必要な両者のモル比が2:1の混合ガスをさすことが多い.メタノールの合成に使用されるほか,オキソ合成フィッシャー-トロプシュ合成の原料に用いられる.また,水性ガスシフト反応による水素の原料となり,アンモニア合成などに用いられる.従来は,コークス水性ガス反応などによって製造されたが,現在では,おもに天然ガスや石油系原料のスチームリホーミング法によって製造される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合成ガス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

合成ガスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.